ストリートダンスバトル大会「DANCE ALIVE」をプロデュースする「アノマリー」が「NTTドコモ」と資本業務提携

tips

2022年5月20日、株式会社アノマリーは、株式会社NTTドコモと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

また、ドコモを引受先とする、4億5,000万円の資金調達を実施したことも併せて発表しました。

アノマリーは、2005年からストリートダンスバトル大会「DANCE ALIVE」シリーズを展開しています。

ほかには、ダンスなどストリートカルチャーを活用したイベントの企画・運営・制作、ダンスニュースメディア「Dews」の運営、映像制作事業、ダンサーのキャスティング事業、振り付け制作事業などを展開しています。

NTTドコモは、2022年3月31日から、マルチデバイス型仮想空間(メタバース)「XR World」の提供を開始し、XR事業としてメタバースを展開しています。

今回のNTTドコモとの提携により、ドコモの持つXR技術とダンスをかけ合わせ、バーチャル・リアル空間の双方でダンスコミュニティ事業を推進していきます。

具体的には、様々なダンスモーションやダンスコンテンツをメタバース上で展開していきます。

一般社団法人ストリートダンス協会によると、日本のストリートダンス人口は600万人を超えています。この人口は野球やサッカーなどとほぼ同等の数となっています。

また、2012年度(平成24年度)から、中学校保健体育において、ダンスが必修となりました。小学校の表現運動を合わせると、計9年間ダンスを行うこととなります。

ダンスは、自分の身体さえあればいつでもどこでも行うことができる表現です。また言語の垣根も存在しないため、グローバルな表現としても注目されています。

若者の間で流行しているSNSであるTikTokでも、音楽に合わせてダンスを披露する投稿も多く、確実に文化のひとつとして根づいているといえます。

一方で、ダンサーがダンスで生きていくには、バックダンサー・振付師・指導者など狭い選択肢しかありません。

ダンスは広く浸透してきている文化であり、今後もダンスを趣味としたり夢としたりする人も増えてくると考えられます。

アノマリーは、そのようなダンサーの活躍の場を広げるため様々な事業を展開しています。

他社との提携や協業は、収益を伸ばすだけでなく、新たなイノベーションにもつながるかもしれません。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ DANCE ALIVE Dews NTTドコモ XR XR World ストリート・カルチャー ストリート・ダンス ダンス ダンスアライブ メタバース 大会 文化 株式会社 芸術 資本業務提携 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ブロックチェーンを活用した新規事業開発支援の「CryptoPie」とブロックチェーン関連サービスの提供などの「CryptoLab」が業務提携
2020年10月20日、株式会社CryptoPieは、株式会社CryptoLabと業務提携契約を締結したことを発表しました。 CryptoPieは、2016年からブロックチェーン業界に携わり、ベンチャ…
独自開発IoTデバイスを活用したOMOマーケティングなど展開の「アドインテ」が21.25億円調達
2020年6月8日、株式会社アドインテは、総額21億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発したIoT端末「AIBeacon」を活用したOMOマーケティングや、リテール・メディ…
B2B向け3Dプリント製造ソリューション提供の「3D Printing Corporation」が1.3億円調達
株式会社3D Printing Corporationは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 3Dプリンターを活用した製造の総合ソリューションを提供しています。 3Dプリ…
エクソソーム創薬の「EXORPHIA」が2億円調達
2022年5月19日、株式会社EXORPHIAは、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)が運営するファンドです。 EXORPHI…
東京大学・松尾研究室発のAIスタートアップ「パンハウス」が資金調達
株式会社パンハウスは、資金調達を実施したことを発表しました。 パンハウスは、東京大学松尾研究室が開発したAIスタートアップ起業家育成プログラム「起業クエスト」の卒業1期生が創業したAIスタートアップで…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ