新入社員・職員の教育計画や人が育つ仕組みを構築する「Tenmaru式教育カリキュラム設計サービス」がリリース

tool

2022年4月15日、株式会社Tenmaruは、「Tenmaru式教育カリキュラム設計サービス」をリリースしたことを発表しました。

「Tenmaru式教育カリキュラム設計サービス」は、新入社員・職員の教育計画や人が育つ仕組みを構築するサービスです。

採用選考~入社前研修~入社後に至るまで、OFF-JTとOJTを組み合わせ、一般的なスキルだけでなく、その組織の風土・事業内容に必要なスキルを身につけられるよう、オーダーメイドで教育計画を設計します。

3カ年計画で育成・定着を図り、真に組織に貢献する人材を育てること、人が育つ仕組みを構築することを特徴としています。

組織内に優秀な人材がいなければ企業は成長することができません。しかし現在多くの業界で人手不足が深刻化しており、人材獲得競争が激しくなっています。

また終身雇用制度が崩壊しつつあり、人材側はキャリアを考えつつ働く場所を選ぶ者も増加しています。そのため、企業では人材の定着や新卒人材の教育のための仕組みの構築の重要性が相対的に高まっています。

しかし多くの組織は教育の専門家ではないですし、今までの教育についても担当の人材の個人の手腕によって左右されていたことがほとんどで、正しい社員教育を行える環境は整っていないでしょう。

そのため外部のリソースに頼ることになりますが、社員教育では外部の専門家を呼んで研修を行ったりすることを考えがちです。しかしこの方法は新しい人材が入るたびに行う必要がありますし、社内に教育のナレッジが蓄積されません。

「Tenmaru式教育カリキュラム設計サービス」は、人が育つ仕組みをオーダーメイドで設計・構築するサービスです。これにより組織内で人材が持続的に成長するような仕組みを構築し、社員教育に課題を抱えている企業を支援しています。

株式会社Tenmaruのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Tenmaru 代表取締役 諸戸歩氏よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

中小企業において、計画的に「次世代のコアな戦力となる新人を育てる仕組みを構築できる」点です。

人材育成のリソース(知識、時間的余裕、担い手)が不足しやすく、それによって新入社員・職員の教育効果が得られにくかったり、新人自身が自らのキャリアに希望をもちにくく育てた人材が定着しにくかったりするという問題が、特に中小企業に起こりやすいという現状があります。
たとえ優秀な教育担当者を配置したとしても、新人教育の仕組み化を行わない限り、根本的な解決に結びつかないことが多いものです。

新入社員・職員の世代的特徴や時流に寄り添いながら社会において求められる力を育み、なおかつ企業・組織ごとの特徴にフィットした教育カリキュラムをオーダーメイドで組み立てることで、長期的に組織の中で活躍できる人材を育てることに貢献できると考えております。

・今後の展望を教えてください。

弊社は、組織づくりを軸として、採用・教育・配置・定着など、人事のパートナーとして「心躍るワクドキな組織をつくる」お手伝いをしております。

ご縁あって採用した新人の皆様を3か年計画で育成し、その人たちが中堅社員・職員となることで、さらに組織がパワーアップするはずです。一つひとつの組織の力が高まることは、社会全体にも活力を与えますので、未来のために、社会のために一人ひとりの強みを持ちより、高めあう、「人を大切にする」というところに伴走してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

このたびは、弊社の新サービスにご関心をお持ちいただき、誠にありがとうございます。

新人を迎え入れることは、新しい風を吹き込むことであり、組織がさらに魅力的に変化するチャンスでもある一方で、育てる仕組みが根付くまでには、教育ご担当者様や現場の方々にとって骨が折れる場面もたくさんあります。

また、新人が育つ仕組み、教育カリキュラムを整える重要性に気づいていながらも、それまでのやり方を変えることへの抵抗感も少なからずあることと思います。
そんなときには、外部の伴走者に頼ってみるのも一案です。
組織のお悩みを外部に打ち明けることで、担当者様ご自身の希望につながることも多々あります。

「他社はどうしているのだろうか?」「時代の流れについていけているだろうか?」など、素朴な疑問やご相談など、お気軽にご連絡くださいませ。

企業を成長させるには人材の教育も必要です。読書は効率的かつコストパフォーマンスの良い学習方法のひとつです。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、書店員が選ぶ社員教育に使える本10選を紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ OFF-JT OJT Tenmaru Tenmaru式教育カリキュラム設計サービス 人材 定着 教育 株式会社 構築 研修 社内教育 設計
詳細はこちら

新入社員が定着する「Tenmaru式教育カリキュラム設計サービス」リリースのお知らせ

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

インフルエンザ等感染症迅速検査デバイス開発の「ナノティス」が資金調達
2020年5月20日、ナノティス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大正製薬株式会社です。 次世代の迅速検査デバイスの研究開発を行っています。まずは、インフルエンザを対象に、…
産業用水中ドローン「Dive Unit300」の「FullDepth」が資金調達
2021年3月16日、株式会社FullDepthは、資金調達を実施したことを発表しました。 産業用水中ドローン「Dive Unit300」の開発・提供を行っています。 「Dive Unit300」は、…
オンラインAI動作解析ツール「Sportip Pro」が総合型地域スポーツ・クラブ「ヴァンフォーレスポーツクラブ」に導入
2020年10月8日、株式会社Sportipは、「Sportip Pro」が、一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブに導入されたことを発表しました。 Sportipは、オンラインAI動作解析ツール「…
木製家具カスタム・オーダー・プラットフォーム「EMARF」など提供の「VUILD」が資金調達
2020年4月15日、VUILD株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 国内代理店として米国製3D木材加工機「ShopBot」の販売や、木製家具をカスタマイズしてオーダーできるプラットフォ…
不動産管理業務のワークシェアリングサービス「COSOJI」展開の「Rsmile」が資金調達
2022年3月1日、Rsmile株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 2020年11月9日と2021年8月2日にも資金調達を発表しており、今回の調達により累計調達額は1億6,000万円と…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ