注目のスタートアップ

eスポーツを活かした英会話教育「eスポーツ英会話」などを展開する「ゲシピ」が6,200万円調達

company

2022年4月15日、ゲシピ株式会社は、総額約6,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。今回の調達は、2021年6月にクローズしたものです。

ゲシピは、eスポーツを活かした英会話教育「eスポーツ英会話」や、eスポーツ専門のトレーニングジム「eスポーツジム」を展開しています。

「eスポーツ英会話」は、ネイティブ・帰国子女のコーチと、ゲームのプレイとボイスチャットにより英会話を学ぶことができる英会話教育サービスです。

基礎的な英語・ネイティブ英語だけでなく、eスポーツで使える英語や、eスポーツへの取り組み方についても指導を行うことを特徴としています。

今回の資金は、「eスポーツ英会話」・「eスポーツジム」の立ち上げに充当されています。

KADOKAWAの発表によると、2020年の世界のeスポーツ市場の市場規模は9.74億ドルで、今後も堅調に成長し2023年に約16億ドルになると予測されています。また国内の市場規模も、2020年は76.25億円、2023年には153.34億円にまで成長すると予測されています。

eスポーツではチーム戦を行う戦略的なゲームタイトルがいくつもあります。国内のeスポーツシーンではeスポーツ強豪国の韓国の選手と契約し、日本人選手と韓国人選手混合のチームを構築することもありますが、コミュニケーションエラーが敗北につながってしまうことも多いという声も聞かれます。

それほどeスポーツといった競技性の高いゲームでは言語によるコミュニケーションが重要で、さらに一瞬の判断が明暗をわけることもあるため、正確かつ素早く言語化する能力が求められます。そのため、英会話を学習するにはうってつけのものでもあります。

オンライン学習では学習者のモチベーションの維持などにハードルがありますが、ゲームをプレイするというのは多くの人を夢中にさせるものがあるため、英会話学習の継続にも役立ってくれそうです。

成功できる起業家になるためには、やはり勉強が欠かせません。「冊子版創業手帳」では、成功している起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eスポーツ eスポーツイングリッシュ eスポーツジム eスポーツ英会話 ゲーム ゲシピ コーチング ジム トレーニング ボイスチャット 教育 株式会社 習い事 英会話 英語 資金調達
関連記事はこちら

ゲシピ株式会社 真鍋 拓也 | eスポーツ英会話の事業展開が注目の企業

資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

肝疾患治療用細胞シートの実用化を目指す「カノンキュア」がサイバニスク技術の「サイバーダイングループ」と資本業務提携
2021年8月5日、カノンキュア株式会社は、CYBERDYNE株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、CYBERDYNEの子会社であるCEJキャピタル株式会社が運用するサイバ…
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が80億円調達
2020年3月4日、APB株式会社は、総額約80億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」を開発・販売しています。 活物質に樹脂被覆を行い、樹脂集電体に塗布…
完全オンライン型の企業変革コンサルティングサービス「Online Business Transformation(OBX)」がリリース
2020年5月13日、株式会社ライズ・コンサルティング・グループは、「Online Business Transformation(OBX)」の提供を開始することを発表しました。 「OBX」は、完全オ…
ARエンターテインメント・コンテンツ開発の「ENDROLL」が資金調達
2019年7月17日、株式会社ENDROLLは、資金調達を実施したことを発表しました。 AR(拡張現実)技術を用いたエンターテイメント・コンテンツを企画・開発しています。 AR×リアル謎解きゲーム『渋…
免疫細胞治療の研究開発を行う「サイアス」が21.3億円調達
2022年2月28日、サイアス株式会社は、総額21億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 他家iPS細胞を原料として、固形がんをターゲットにT細胞受容体(TCR)を遺伝子導入するiP…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ