注目のスタートアップ

ゲシピ株式会社 真鍋 拓也 | eスポーツ英会話の事業展開が注目の企業

eスポーツ英会話の事業展開で注目なのが、真鍋拓也さんが2018年に創業したゲシピ株式会社です。
eスポーツは近年人気が高まっており、それを上手に活用したオンライン英会話学習は常に受講を希望する待機者がいるほどの大人気で、コミ ュニケーション能力やオンラインゲームマナーも身に付くと、注目を集めています。

ゲシピ株式会社の eスポーツ英会話事業の特徴は、『eスポーツを通して人の可能性をひろげる』をミッションに、大好きなeスポーツを楽しみながら、自然と英会話習得の時間に転換できるエデュテインメントサービスという点です。

ゲシピ株式会社の真鍋拓也さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

eスポーツのバーチャル世界で生きた英会話を学べる、世界初のオンライン教育サービスです。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

英語にあまり触れたことがない方や、他で英語を学んでいるが使う場がない方に、
英語を楽しみながら使う場として、使ってほしいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

日本人は英語が得意ではありません。
日本人が上手な英語でなくても、ひるまず英語を使って世界中の人とコミュニケーションを取れるようになることを目指しています。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

eスポーツで英語を教えるといっても簡単ではありません。
eスポーツを使って効果的かつ効率的に英語を学べるようなカリキュラムの制作、それを教えられるコーチの教育が大変でした。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

日本だけでなく世界中に人がこのサービスを使い、言語やそれ以外のさまざまな教育コンテンツを受けることができる、そういうサービスにしていきたいです。

・今の課題はなんですか?

事業の急成長に対して、社内外さまざまなところで歪みが発生しています。
これは急成長ならではの嬉しい悲鳴ではありますが、それらの歪みを解決し、よりスムーズに事業を成長させられるように、事業と組織を強くしていくことが必要です。

・読者にメッセージをお願いします。

私たちゲシピは何度かの倒産の危機を乗り越え、事業を再拡大させています。
自分たちとしても「最後まで諦めないことの大切さ」を身をもって知りました。
今後も諦めず皆さんと切磋琢磨しながら成長していきたいと思います。

会社名 ゲシピ株式会社
代表者名 真鍋拓也
創業年 2018年
資本金 1億1,532万1,600円 (資本準備金含む)
事業内容 eスポーツ教育事業/ eスポーツ英会話
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EdTech eスポーツ eスポーツジム eスポーツ英会話 エデュテインメント オンライン ゲシピ コミュニケーション 学習 教育 教育コンテンツ 真鍋拓也 社会課題 英会話 英語
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「凸版印刷」とデジタル教材プラットフォーム提供の「Libry」が資本業務提携 学習システム事業で提携
凸版印刷株式会社は、株式会社Libryと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Libryは、個別最適化学習を実現するデジタル教材プラットフォーム「Libry(リブリー)」を開発・運営してい…
「ディープインサイト」が深層学習を可能にする組込み型エッジAI「KAIBER engram」の提供を開始
2019年11月18日、ディープインサイト株式会社は、「KAIBER engram(カイバー エングラム)」の提供を開始することを発表しました。 「KAIBER engram」は、深層学習(ディープ・…
チームのためのEメール「yaritori」提供の「Onebox」が2,000万円調達
2020年10月29日、Onebox株式会社は、2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社アプリコット・ベンチャーズです。 クラウド型メール・サービス「yaritori…
ヨガ・メディア運営の「オハナスマイル」がオンライン・ヨガ・クラス検索サイト「ヨガジェネOnline」をリリース
2020年6月25日、株式会社オハナスマイルは、「ヨガジェネOnline」をリリースしたことを発表しました。 「ヨガジェネOnline」は、オンライン・ヨガ・レッスンを集約して検索するシステムです。 …
13歳から19歳限定のオンライン・ラーニング・コミュニティ運営の「Inspire High」が資金調達
2020年4月16日、株式会社Inspire Highは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先の1社である株式会社パルコとは資本業務提携を開始しています。 Inspire Highは、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ