「SiNCE」が住宅ローン審査業務を自動化・外部化する「Rev-Work 住宅ローン事前審査版」をリリース

tips

2021年11月17日、株式会社SiNCEは、「Rev-Work 住宅ローン事前審査版」をリリースしたことを発表しました。

「Rev-Work 住宅ローン事前審査版」は、事前審査用紙記入の案内や、郵送、販売図面の取得などを、オンライン上でテレワークアシスタントに依頼することで、事前審査業務を効率化するサービスです。

不動産業界における実務を自動化・外部化することでゼロにする「Rev-Work 不動産版」から、住宅ローンの事前審査業務の部分を切り出して提供するものです。

住宅ローンを借りるには何枚もの書類が必要となります。個人ではすべてを用意するのは難しく、不動産会社が肩代わりしている現状があります。

この住宅ローンに関わる手続きは不動産業界の実務において大きな負担となっています。住宅ローン事務においては、顧客とやり取りすることもあり、専門的な知識も必要とします。

そのため専門家自身が事務作業にあたらなくてはならず、コア業務に集中することができないという状況が生まれています。

また不動産業界ではデジタル化や効率化の遅れが指摘されており、抜本的な業務構造の変革が必要となっています。

SiNCEは、不動産業界の事務作業において、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)や外部委託によって大幅なコストカット・省力化を実現するサービスを提供しています。

不動産業界ではIT人材が不足しているため、デジタル化やDXに課題があります。SiNCEはそのことも踏まえ、完全成果報酬型で丸ごと業務効率化を請け負うことで、不動産業界の変革を支援しています。

企業経営においても様々な手続きが必要となります。手続きに時間をとられてしまうと損失になってしまいますので、自動作成できるサービスを活用するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、登記書類をオンラインで自動作成できるサービスを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Rev-Work 不動産版 Rev-Work 住宅ローン事前審査版 SiNCE 不動産 住宅ローン 効率化 外部化 審査 株式会社 業務 業務効率化 自動化
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

D2Cアンダーウェアスタートアップの「ONE NOVA」が4,500万円調達
2021年11月17日、株式会社ONE NOVAは、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アンダーウェアブランド「One Nova」と、全世代型吸水ショーツブランド「sponge…
貸付ファンドのマーケットプレイス「Funds」運営の「ファンズ」が「三井住友信託銀行」と資本業務提携
2020年10月15日、ファンズ株式会社は、三井住友信託銀行株式会社と資本業務提携契約に基づき、新たな事業展開を開始していくことを発表しました。 1円から貸付投資ができる貸付ファンドのマーケットプレイ…
少人数私募債発行支援サービス提供の「Siiibo」が2億円調達
2020年3月31日、株式会社Siiiboは、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 少人数私募債発行支援サービスを提供しています。 財務アドバイザーとして私募債の発行(自己…
クラウドファンディング・サイト運営の「CAMPFIRE」が資金調達 ECプラットフォーム運営の「BASE」と資本業務提携
株式会社CAMPFIREは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先であるBASE株式会社とは資本業務提携契約も締結しました。 CAMPFIREは、国内最大のクラウドファンディング・プラッ…
オンライン・スキー・レッスン「JAPAN-DEMOSKI.com」とスキーの自動撮影システム「ゲレロク」が提携
2021年1月28日、合同会社SPARK OUTLANDSは、株式会社TOSYSと業務提携を開始したことを発表しました。 SPARK OUTLANDSは、日本最高峰の講師陣によるプライベート・レッスン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ