注目のスタートアップ

英語学習アプリ「レシピー」運営の「ポリグロッツ」が1億円調達

company

2022年4月7日、株式会社ポリグロッツは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ポリグロッツは、英語学習アプリ「レシピー」を運営しています。

AIにより作成した英語学習者に最適な学習カリキュラムによる自習と、先生とのレッスンを組み合わせた英語学習を特徴としています。

英語学習の6大要素(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング・単語学習・文法学習)すべてをアプリとレッスンでカバーしています。

法人向けにはビジネス英語が身につくアプリ型英語研修サービスを提供しています。

今回の資金は、組織の拡充のための人材採用などに充当されます。

学習は個人によって習熟度合いが違うため、画一的なカリキュラムでは最大限の効果を発揮することができません。そのためマンツーマン、もしくは1対少人数のレッスンの利用が考えられるのですが、このモデルは人件費がかかるため、レッスン費用も高額になり、気軽に手を出せるものではありませんでした。

しかし、AI技術の進展によってパーソナライズ化が可能になりました。学習サービスにおいてはカリキュラムの最適化が簡単に行えるようになったため、オフライン/オンライン双方で手の届く値段での個別学習が実現されました。

また、新型コロナウイルスの流行も学習シーンにおいて大きな出来事でした。今までは先生との対面レッスンを受けるためスクールに通うことが一般的でしたが、外出自粛により、ビデオチャットやアプリなどによるオンライン学習サービス(eラーニング)が充実してきています。

公的な教育機関でもオンライン授業が取り入れられるなど、急速に学習のオンライン化が進んでいます。教育領域は大きな変革を迎えており、今後どのように成長していくのか注目が必要です。

成功できる起業家になるためには、やはり勉強が欠かせません。「冊子版創業手帳」では、成功している起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI eラーニング POLYGLOTS アプリ ポリグロッツ レシピー 学習 教育 株式会社 英語 語学 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

小規模事業者の後継者課題を解決する「ニホン継業バンク」運営の「ココホレジャパン」が資金調達
2021年3月25日、ココホレジャパン株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、インパクト投資を推進する一般財団法人社会変革推進財団などです。 ココホレジャパンは、小規模事業者の後…
コーヒーのサブスクリプション・サービス運営の「POST COFFEE」が5,000万円調達
2019年10月1日、POST COFFEE株式会社は、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コーヒーのサブスクリプション・サービス「PostCoffee」を運営しています。 …
「ナレッジワーク」が10億円調達 セールスイネーブルメントクラウド「ナレッジワーク」を正式リリース
2022年4月20日、株式会社ナレッジワークは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、セールスイネーブルメントクラウド「ナレッジワーク」を正式リリースしたことも併せて発表しました…
家庭用プラズマ美顔器「Un」の「傳心堂」が6,300万円調達
2021年9月1日、株式会社傳心堂は、総額6,3000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 先端技術を活用した美容機器の開発を行うビューティーテックベンチャーです。 プラズマ美顔器「Un(アン…
ナレッジ共有Saas「Qast」運営の「any」が8,000万円調達
2020年5月11日、any株式会社は、8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、HENNGE株式会社です。 社内のナレッジ共有ツール「Qast(キャスト)」を運営しています。…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ