完全人工光オートメーション植物工場「AN」提供の「クレオテクノロジー」が資金調達

company

2021年11月8日、株式会社クレオテクノロジーは、資金調達を実施したことを発表しました。

高品質なレタスを栽培できる完全人工光・全自動栽培植物工場「AN」を提供しています。

従来の植物工場の1/3の人数で運用できること、電力使用量を従来の70%以下に抑えていること、農地にそのまま建設できることなどを特徴としています。

今回の資金は、さらなる栽培の省力化を実現する自動化機構の開発などに充当されます。

日本では高齢化・後継者不足による農業人口の減少は大きな課題となっています。

そのため、大規模経営による省力・低コスト生産体型の確立や、ICT・ロボット・センサー技術などの先端技術の活用が必要といわれています。

すでに農業用ドローンや、農地を管理するセンサー、収穫支援ロボットなどを導入している農家の事例も多く確認できます。

しかし農業において人手不足だけでなく、天候や災害、そして気候変動も大きな課題です。

天候・災害・気候変動といった課題に対応するために考えられているのが植物工場です。

植物工場とは、完全に管理された理想の室内環境において農作物を育てるというものです。

現在、植物工場で作られているのはほとんどがレタスです。レタスなどの葉物野菜は高さが大きく変わらず、育つ場所も一定であるため、規格に沿ったものに育ちやすいためです。

また水耕栽培で育てられることも、現在の植物工場に向いている要因です。

農作物は土で育つものが多いのですが、土は虫や微生物の問題を避けて通ることができません。そのため環境を完全にコントロールしたい植物工場には向いていないのです。

しかし新たな栽培方法の確立などによって確実に育てられる農作物の種類は増えています。

気候変動は世界的な問題であるため、植物工場はグローバルなソリューションとして展開できる可能性もあります。今後とも注目が必要な市場といえるでしょう。

研究開発には潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ クレオテクノロジー 株式会社 栽培 植物工場 自動化 資金調達 農業
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

賃貸トラブルを24時間駆け付けサポートする「住むサポSPEED24」提供の「sumusapo」が1,000万円調達
2020年10月27日、sumusapo株式会社は、総額1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 賃貸トラブルをオンライン上で迅速に解決できる24時間駆け付けサポート「住むサポSPEED…
信頼でつながるキャリアSNS運営の「YOUTRUST」が4.5億円調達
2021年8月30日、株式会社YOUTRUSTは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 信頼でつながるキャリアSNS「YOUTRUST」を運営しています。 つながりのある人か…
アド・フラウド対策ツール「SpiderAF」提供の「Phybbit」が3.2億円調達
2019年11月21日、株式会社Phybbitは、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIを搭載したアド・フラウド対策ツール「SpiderAF」を提供しています。 アド・フ…
新型コロナウイルス対策として遠隔会議の音声翻訳ツール「オンヤク」リリースへ
2020年2月27日、株式会社ロゼッタは、「オンヤク」のサービス提供を2020年3月から開始することを発表しました。 「オンヤク」は、Web上の遠隔会議中において、異なる言語間の会話音声を認識し、発話…
再エネ100%×地産地消の電力サービス提供の「アスエネ」が3.75億円調達
2021年4月2日、アスエネ株式会社は、総額3億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 再エネ100%×地産地消が特徴のクリーン電力サービス「アスエネ」を提供しています。 製造業の工場…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ