大阪大学発スタートアップ「MaiND Lab」が30枚の写真を選ぶことで魅力的な顔をAIが作る「FaiCE」をリリース

tips

2022年3月25日、株式会社MaiND Labは、「FaiCE(フェイス)」(β版)をリリースしたことを発表しました。

MaiND Labは、大阪大学医学研究科の内藤智之博士の研究成果をもとに起業した大阪大学発のスタートアップです。内藤博士は脳科学・心理学の知見と最新のAI技術(GAN, Generative Adversarial Network, 敵対的生成ネットワーク)を組み合わせた独自アルゴリズムにより、個々人の感性を「心的テンプレート」として、画像化・数値化する技術の開発に成功しています。

今回β版をリリースした「FaiCE」は、30枚の写真に点数をつけることで、ユーザーが思い浮かべる○○顔(魅力的な顔、アイドル顔など)をAIが作成するアプリです。

今後、内藤博士の研究成果を応用し、消費者が持つさまざまな対象物に対する感性を反映した⼼的テンプレートを活用し、新しいアプリケーションやサービスを展開していく予定です。ユーザーの脳内イメージを可視化した絵画、デザイン性の高い商品の感性ベースのレコメンド、特定ユーザー層向けの商品開発・パッケージデザインなど、様々な領域での事業展開を準備しています。

これまで人間の感情や感性といった情報は定性的であり、数値にはできないものでした。しかし、テクノロジーの進展は人間の感情などの情報の高精度な入手と膨大な量の蓄積を可能にしました。学際的な知見とAIによる機械学習によって人間の感情も数値化・可視化できるようになってきており、この技術を活用したビジネスもどんどんと登場しています。

たとえばパッケージデザインを決める際には、複数のデザイン候補をモニターに見てもらい、その判断からもっとも印象の良いものを選ぶという手法がとられることがあります。しかし、モニターによる忖度やバイアスが発生し、客観的な評価が得られないことが課題となっています。感情・感性の可視化はこういった領域においても大きな役割を果たすと考えられます。

MaiND Labは画像(視覚)を利用した技術であるため手軽に扱えることがメリットであると考えられます。今後どのような活用事例が増えていくのか注目が必要です。

研究開発型のビジネスでは豊富な資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI FaiCE MaiND Lab フェイス 分析 可視化 心理学 感性 感情 株式会社 脳科学
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「TRUST SMITH」が太陽光パネルの傷を感知するドローン向けAIシステムを開発
2019年10月23日、TRUST SMITH株式会社は、2019年9月24日に、太陽光パネルの亀裂をドローンを用いて検知するAIシステムを世界で初めて開発したことを発表しました。 TRUST SMI…
ウォレット・パス運用ソリューション「KINCHAKU」がeギフト・プラットフォーム展開の「ギフティ」と資本業務提携
2020年5月21日、株式会社KINCHAKUは、株式会社ギフティと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、「九州オープンイノベーションファンド」を引受先として、資金調達を実施したことを…
家族の写真保管アプリ「DEKIGOTO」でアナログ写真やSDデータなどをデータ化・保管するサービスが開始
2020年10月27日、株式会社DEKIGOTOは、「EFIL」内の新サービス「EFILデータサービス」を開始したことを発表しました。 「EFIL」は、家族の写真を1カ所に保管し共有することができるア…
自動野菜収穫ロボット開発の「inaho」が資金調達
2019年8月28日、inaho株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 自動野菜収穫ロボットと、そのロボットを活用したSaaSモデルのサービスを開発しています。 今回の資金は以下の点の強化…
スマートロックなど展開の「ライナフ」と「神奈川県住宅供給公社」が安全な置き配の実現に向け連携
2022年2月21日、株式会社ライナフは、神奈川県住宅供給公社と、オートロックマンションへの安全な置き配を推進するため連携することを発表しました。 ライナフは、オートロックマンション向け置き配対応化サ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ