注目のスタートアップ

空間音響技術「Re:Sense」を提供する「クレプシードラ」が1.5億円調達

company

2024年4月19日、クレプシードラ株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

クレプシードラは、空間音響技術「Re:Sense(リセンス)」や、音声プラットフォーム「Echo Canvas(エコーキャンバス)」などを提供しています。

「Re:Sense」は、独自の収録手法(ハード)と独自のソフトウェア処理(ソフト)を融合させた空間音響技術であり、まるでその場にいるかのような空間再現性を特徴としています。

ライブ配信、スポーツ映像、ボイスドラマ、アニメーション、環境音などの追体験コンテンツなどさまざまな領域で活用されています。

「Echo Canvas」は、独自の音響技術により、特別な機器を必要とせず、手持ちのスマホ・PCとイヤホン・ヘッドホンだけで没入感の高い音響体験を提供するプラットフォームです。音声ドラマや、朗読、リラクゼーションサウンドなどのコンテンツを展開しています。

今回の資金は、さらなる開発の強化に充当します。


近年、さまざまなテクノロジーの発展により、VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)などユーザーに没入体験を提供する技術が高い注目を集めています。

現在のVRは主に映像技術によって没入体験を提供していますが、将来的には、触覚・聴覚などの感覚においてもよりリアリティのある技術が確立・実装され、現実空間と遜色のない体験の提供が可能になると考えられています。

聴覚は、視覚とは異なり、360度すべての情報を処理しており、空間把握において極めて重要な要素です。そのため空間の再現において音響技術は重要であり、すでに映画やアミューズメント施設などにおいて、より優れた体験を提供するための音響技術が利用されています。

一方、空間を再現するための音響技術は、複数のスピーカーを設置しなくてはならないなど、デバイス上の制約があります。

私たちが一般的に利用しているのは2chステレオサウンドであるため、この2chステレオ環境においても、空間を再現できる立体音響技術のニーズが高まっています。

クレプシードラは、独自の収録技術(ハード)と処理技術(ソフト)を駆使した空間音響技術「Re:Sense」を提供し、主にエンターテインメント分野において、新たな体験の創出に貢献しています。

事業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーが見込める他社との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Echo Canvas Re:Sense エコーキャンバス クレプシードラ コンテンツ サウンド ソフトウェア ドラマ ボイス リセンス 体験 技術 映像 株式会社 空間 空間音響 立体音響技術 資金調達 音響
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ストレッチ素材スーツなどのD2Cブランド展開の「kay me」がそごう横浜店・ジェイアール京都伊勢丹など大手百貨店内に新規出店へ
2020年10月1日、kay me株式会社は、2020年10月1日にそごう横浜店(神奈川県)、10月31日にジェイアール京都伊勢丹(京都府)、年内ほか数店舗、大手百貨店内に新規出店することを発表しまし…
テレビ視聴の注視データを取得する「REVISIO」が5.4億円調達
2023年1月11日、REVISIO株式会社は、総額5億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 REVISIOは、家庭に人体認識技術を搭載した機器を設置し、視聴者のテレビの視聴態度を計…
泡盛粕から美味しい食用藻「うま藻」をつくる「AlgaleX」が2.5億円調達
2023年10月25日、株式会社AlgaleXは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AlgaleXは、泡盛の粕から美味しい藻「うま藻」をつくるサステナブルフードテック企…
クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」・クラフトバタースイーツブランド「Butters」展開の「HiOLI」が3億円調達
2021年9月3日、株式会社HiOLIは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」とクラフトバタースイーツブランド「Butter…
産業向けドローン・サービス提供の「テラドローン」が15.1億円調達
2021年2月15日、テラドローン株式会社は、総額15億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 空撮、測量、点検、データ分析、運行管理などの産業向けドローン・サービスを提供しています。…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】