遠隔心臓リハビリテーション・システム開発の「リモハブ」が8,000万円調達

company

2020年4月1日、株式会社リモハブは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

2020年1月20日には、総額2億7,000万円の資金調達を実施を発表しています。

遠隔心臓リハビリテーション・システムを開発しています。

IoT技術を活用することで実施率が低い心臓リハビリテーションを在宅にて適切に実施できるシステムです。

今回の資金は、4月から開始する治験準備や新医療機器としての薬事申請のための医療機器システムの開発・改良の加速に充当されます。

高齢になればなるほど、通院でのリハビリが難しくなるため、在宅での安心で適切なリハビリが求められています。

また、超高齢社会の到来により高齢者が多くなるため、一層必要性が増しています。

社会課題を解決する社会課題解決型ビジネスは、すぐに結果がでるものではなく、ビジネスとして成り立たせるために大きなハードルがあります。とはいえ持続可能な社会の実現のために不可欠な取組みです。また大きなビジネス・チャンスでもあるでしょう。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を突破してきたかを知ることは、起業や経営に大きく役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ システム リハビリ リモハブ 医療 在宅 心臓 株式会社 資金調達 遠隔 開発

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ