注目のスタートアップ

LGBTsライフプランニングや住まい探しをサポートする「IRIS」が4,000万円調達

company

2022年3月25日、株式会社IRISは、4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

IRISは、ライフプランニングや住まい探しをサポートする事業を展開しています。

スタッフはLGBTs当事者とアライ(ally, LGBTsの支援者)で、同棲経験もあるスタッフが多数在籍しているため、安心して相談することができます。部屋の提案・案内・相談は無料で受けられ、部屋の制約時に手数料を支払う成功報酬制を採用しています。

また、不動産会社向けの啓発や接客品質の向上を目的とした研修などのソリューションを提供し、不動産業界全体でのLGBTsフレンドリー対応を促進しています。

今回の資金は、店舗エリアの拡大、メディア規模/機能の拡大(当事者とのリレーション強化)、顧客体験改善のためのツールのDXに充当されます。

これまで同性愛者などLGBTsは社会から抑圧されてきました。しかし当事者やアライの取り組みにより社会全体の価値観も変化し、世界では30カ国以上で同性婚、もしくはパートナーシップ法が制定されています。日本においても2015年に東京都の渋谷区と世田谷区でパートナーシップ制度が制定され、それから日本全国の自治体へと広がっています。

LGBTsはSDGsの推進に伴って活動や考え方が広まっています。SDGs自体にはLGBTsに関する目標は盛り込まれていないのですが、これは国によっては同性愛などが宗教的に禁忌であることが理由です。世界的にどのような人でも抑圧されることのないよう暮らしていける社会を構築する取り組みは続いており、日本においても同性婚を認めるための法改正なども議論されています。

一方でLGBTsへの理解がない人もいまだ存在していることは事実です。たとえば、LGBTs当事者が賃貸を探す際、申し込みや審査の時点でオーナーや不動産会社から断られるという事例があるようです。

IRISは、LGBTs当事者が安心して好きな賃貸物件・住宅購入できるようサポートを行っています。また、不動産会社などへの啓蒙も行っており、新たな時代の企業として、その取り組みに注目が必要です。

株式会社IRISのコメント

このニュースを受けまして、株式会社IRISよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

以下の3点です。
・エリア的拡大を行い、LGBTsフレンドリーな不動産仲介サービスを全国的に展開していくこと、
・メディアの機能開発により、物件へのリーチや当事者からのアクセス性を改善し、規模を拡大する
・ツールのDXを推進し、遠隔地やアウティングを気にするユーザーも気軽に利用することを可能とする

・今後の展望を教えてください。

今後はLGBTsへの理解度など地域的な格差を解消していくとともに、不動産会社への啓発や研修を通じて、アライを増やしていく営みを継続していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

LGBTsという言葉でくくると多くの人にとって無関係の事柄であるように感じられます。
しかし、本質的には「誰を好きになるのか?自分はどういう人なのか?」という性的指向と性自認の話なのです。

「男のくせにウジウジするな」「女らしくしたらどうなの?」というような言葉をかけられてもやもやした経験は多くの人にもあるのではないでしょうか?

自分で選んだわけでもないのに「らしさ」を強要されることは結構理不尽なことだと思います。
性の形によるらしさの押し付けではなく、誰もが「自分らしく」あるように、皆が当事者として生きやすい社会を実現していけたら幸いです。

SDGsの推進などにより世界的に価値観の変化の激しい時代となっています。ビジネスはこういった時代で新たな価値観を示したり、生まれた課題を解決するために重要な役割を担っています。「冊子版創業手帳」では、社会課題をビジネスで解決することを目指す起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考や手法を知ることは、新たなビジネスの創造に役立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LGBT LGBTs お部屋探し 不動産 株式会社 賃貸 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アプリそのものが病気を治療する「治療アプリ」開発・提供の「CureApp」が21億円調達
2021年3月12日、株式会社CureAppは、総額約21億円の資金調達を実施したことを発表しました。 革新的な治療法(デジタル療法)である治療用アプリを研究開発・提供しています。 2020年8月には…
生体データ事業など展開の「enstem」が2,500万円調達
2020年6月25日、株式会社enstemは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 生体データ事業と、マーケティング・デザイン事業を展開しています。 今回、生体データ事業で積み重…
コーポレートガバナンスの強化をサポートするSaaSを運営する「KiteRa」が14億円調達
2022年4月13日、株式会社KiteRaは、総額約14億円の資金調達を実施したことを発表しました。 KiteRaは、コーポレートガバナンスの強化をサポートするSaaS「KiteRa(キテラ)」を運営…
タンパク質の網羅的解析技術「プロテオミクス」を開発する「aiwell」が資金調達
2020年7月29日、aiwell株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ヒト・動物のタンパク質のデジタル画像(プロテオミクス画像)をもとに、タンパク質の変異をAIで的確に判断する「AIプ…
グルメコミュニティアプリ「SARAH」・外食ビッグデータサービス「FoodDataBank」運営の「SARAH」が2.2億円調達
2021年11月25日、株式会社SARAHは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 グルメコミュニティアプリ「SARAH」と、外食ビッグデータサービス「FoodDataBan…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ