7/8開催予定のピッチコンテスト「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」 出場企業募集中 4/22〆切

subsidy

2022年3月22日、IVS株式会社は、2022年7月8日に開催予定のピッチコンテスト「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」の出場企業の募集を発表しました。

出場企業の応募の締め切りは、2022年4月22日(金)です。

「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」は、完全招待制の経営者カンファレンス「IVS」内のメインコンテンツである6分間のピッチコンテストです。

2022年の「IVS」は、沖縄県那覇市で過去最大規模での開催を予定しています。開催期間は7月6日(水)~8日(金)となっています。

ピッチイベントとは、スタートアップやベンチャー企業がアイデアや技術を短時間でプレゼンする場です。目的としては、投資家にアピールするため、協業できる企業を探すため、知名度を上げるためなど様々です。

また、知名度のあるピッチイベントは、大きな成長が見込まれるスタートアップが登壇するため、今後の市場の動向を伺い知ることもできます。そのためピッチイベントは、登壇するスタートアップにとっても、見る側としても重要な場なのです。

一方で、新型コロナウイルス感染症の流行によりオフラインイベントが少なくなってしまいました。オンラインイベントは気軽に参加できるというメリットがありますが、予期せぬ出会いや深い交流ができないというデメリットがあります。偶然性(セレンディピティ)から生まれるアイデアは多いため、オフラインイベントはその意味でも重要な場です。

今回の「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」は、「IVS」では2年ぶりとなるオフラインイベントで、さらに過去最大規模での開催となります。貴重な機会を逃さないようにしたいですね。

新たなビジネスは、他企業との連携により生まれる場合があります。「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ IVS IVS2022 LAUNCHPAD NAHA LAUNCHPAD カンファレンス スタートアップ ピッチ・イベント ピッチ・コンテスト 投資家 株式会社 経営者 起業家
詳細はこちら

史上最大規模【#IVS2022 LAUNCHPAD NAHA】応募締切まで後1ヶ月!~豪華審査員も続々決定~

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIエンジンの研究開発・製品化を展開する「Nextremer」が資金調達
2020年2月17日、株式会社Nextremerは、資金調達を実施したことを発表しました。 機械学習を中心としたAIテクノロジーの社会実装を目指し、研究開発・製品化を行っています。 具体的には、自社研…
乗り捨て料金が完全無料の片道専用レンタカーサービス「Simpway」が東京-大阪間でスタート
2022年3月22日、Pathfinder株式会社は、「Simpway(シンプウェイ)」を東京-大阪間で開始したことを発表しました。 「Simpway」は、乗り捨て料金が完全無料の片道専用レンタカーサ…
「mish」がオリジナルの月額会員制動画サイトを作成できるサービスのリリースと資金調達を発表
2021年12月15日、mish株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、新規サービス「mish」を2021年12月15日に提供開始することもあわせて発表しました。 「mish」は、オ…
音声解析AI電話「MiiTel」提供の「RevComm」が7億円調達
2020年10月5日、​株式会社RevCommは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」を開発・提供しています。 電話営業や、コールセンター業…
専門医による遠隔集中治療ソリューション開発の「T-ICU」が1.38億円調達
2019年7月31日、株式会社T-ICUは、総額1億3,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 専門医による遠隔集中治療ソリューションを開発・提供しています。 遠隔地から集中治療医や専門医…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ