「R.ホールディングス」と「Tranzax」が共同で電子記録債権ファクタリングサービスの提供を開始

tool

2022年6月20日、R.ホールディングス株式会社は、Tranzax株式会社と共同で、電子記録債権ファクタリング(継続的な都度買取)サービスの提供を開始したことを発表しました。

R.ホールディングスは、三者間ファクタリングサービスや、財務コンサルティング事業を展開しています。

Tranzaxは、国から指定を受けた電子債権記録機関(Tranzax電子債権株式会社)を傘下に持つ、FinTech系IT企業です。金融機関との提携を通じて、日本の中・小規模事業者に多様なファイナンスの機会を提供しています。

今回共同で提供する電子記録債権ファクタリングサービスは、Tranzaxが提供するPOFS(POファイナンスシステム)を利用した、三社間ファクタリング取引における商流のもっとも早い時点での早期資金化を実現するサービスです。

このサービスを利用することで、利用者は請求予定の代金債権を検収合格直後から早期資金化(真正譲渡)できます。また、発注者は検収から経理業務までのデジタル化を図ることができます。

三社間ファクタリングとは、納入企業がクライアント企業以外の第三者(ファクタリング事業者)に売掛債権を売却することで早期に資金を得ることができるサービスです。

通常、BtoB取引では請求書払いが主流であるため、売上金は翌月などにまとめて振り込まれることとなります。

納品してから実際に現金が手元に来るまでにはズレがあるのですが、個人事業主や中小企業では資金繰りが厳しいタイミングがあるため、予定よりも早く資金が必要となることもあります。

そこで活用できるのがファクタリングサービスなのです。

ファクタリングサービスは融資とは違って売掛債権(請求書)を売却して、売掛金に応じた資金を得るサービスであるため、基本的にどのような企業・個人でも利用できます。

以前までは実店舗まで赴く必要がありましたが、近年はオンライン完結型のクラウドファクタリングが普及し、多くの企業に利用されています。

資金繰りがうまくいかないと、売上が黒字であっても倒産してしまう、黒字倒産に見舞われてしまうことがあります。「冊子版創業手帳」では、創業期に重要視したいキャッシュフローについてのノウハウや、黒字倒産しない会社を作る資金繰り表の作成術など、詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ 3社間ファクタリング Fintech POFS POファイナンスシステム Tranzax ファイナンス ファクタリング 債権 共同 株式会社 記録 資金 金融機関 電子
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

モノの貸し借りアプリ「Alilce.style」運営の「ピーステックラボ」が「長野銀行」と業務提携
2021年11月18日、株式会社ピーステックラボは、株式会社長野銀行と業務提携契約を締結したことを発表しました。 BtoC・CtoCのモノの貸し借りアプリ「Alilce.style(アリススタイル)」…
エンターテインメント業界のイノベーションを加速させるスタートアップ・スタジオ「Studio ENTRE」が資金調達
2020年8月7日、Studio ENTRE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ミクシィです。 Studio ENTREは、エンターテインメント・ビジネスとテクノロジ…
テレワーク向け音声通話サービス「roundz」提供の「ラウンズ」が資金調達
2022年6月24日、ラウンズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、2022年6月25日から株式投資型クラウドファンディングによる資金調達を開始することも発表しています。 ラウンズ…
「クラウドエース」と「JQ」が共同でDX全社構想立案コンサルティングサービス「DXランチャー」を提供開始
2020年10月15日、クラウドエース株式会社は、株式会社JQと共同で、「DXランチャー」の提供を開始したことを発表しました。 クラウドエースは、 Google Cloudを専門としており、クラウドの…
医薬品情報プラットフォームを開発する「MediFrame」が8,000万円調達
2022年4月5日、株式会社MediFrameは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MediFrameは、医薬品情報プラットフォーム「MediFrame」を開発しています。 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ