映画視聴中に関連グッズを直接購入できる動画配信体験サービス「ROOM cinema」がローンチ

tips

2022年3月7日、株式会社SEPALは、「ROOM cinema」をローンチしたことを発表しました。

「ROOM cinema」は、映画視聴中に関連グッズを画面から離脱せずに直接購入できる動画配信体験サービスです。

音楽ドキュメンタリーを中心とした映画を配信していく方針です。旧作映画の配信のほか、劇場公開と並行した新作映画の配信も行います。

SEPALはほかに、イベントグッズ販売総合オペレーションシステム「Live SelfOrder(ライブセルフオーダー)」を提供しています。

中国では、ライブ配信から直接商品を購入できる新たなECの形である、ライブコマースが急成長しています。

中国におけるライブコマース市場は、2017年にはほぼ存在しなかったのですが、2021年には約2兆元(約35.7兆円)というとんでもない市場規模になっています。

ライブコマースには、ライブ配信を視聴しながら簡単に商品を購入できる、インフルエンサーから信頼性のある情報が提供される、リアルタイムで質問できるなどの特徴があります。

日本でもメルカリや楽天など参入を試みた企業がありますが、あまり奮わずにサービスを終了してしまいました。

一方で、サービス内からすぐに商品を購入できる仕組みは、消費者の購買意欲が低下する前に購買につなげることができるため、エンゲージメント向上のために有効であるというデータが出ています。

実際に、英国のファッションブランドであるTed Bakerは、2016秋冬コレクションのプロモーションとしてショートフィルムを公開しました。

ショートフィルムに登場するアイテムの上にはアイコンがあり、気になるアイテムをクリックすることで、アイテムの情報の確認と購入ができるという仕掛けになっています。

この、動画内に登場するアイテム・商品を実際に購入できる手法をビデオコマース(動画コマース)と呼びます。

実際の映画館などでは、上映中の映画のパンフレットやグッズなどが売っており、自分の観る(た)映画のパンフレット・グッズを思わず買ってしまうという人もいるかと思います。

しかし、映画のストリーミング配信ではそういった購買につながることが少なかったため、ビデオコマースは新たな商品の販売方法として実装されていくことが予測されます。

動画はテキストや静止画よりも圧倒的な情報量を誇ります。視聴した者に短時間で多くの情報を与えられるため、Webマーケティングにおいても積極的に利用されるようになりました。累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ EC Live SelfOrder OMO ROOM cinema SEPAL ライブセルフオーダー 動画 映画 株式会社 配信
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

植物のゲノム編集の標準技術化に取り組む「グランドグリーン」が5億円調達
2022年4月13日、グランドグリーン株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 グランドグリーンは、あらゆる作物・品種でゲノム編集技術を利用可能にするための標準技術化に取り組ん…
眼科遠隔診療サービス提供の「MITAS Medical」が資金調達
2020年10月1日、株式会社MITAS Medicalは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社タカギセイコーです。 眼科医以外でも診察に必要なクオリティの眼画像を簡単に撮影でき…
美容従事者向け複合型シェアサロン「SALON VILLAGE」運営の「WBP」が資金調達
2021年11月15日、株式会社WBPは、資金調達を実施したことを発表しました。 美容従事者(美容師、ネイリスト、アイリスト、エステティシャン)向けの複合型ビューティーシェアサロン「SALON VIL…
データ資産の自在なコントロールを実現する「Minitt」が6,000万円調達
2021年10月14日、株式会社Minittは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 業務・部門・会社横断におけるデータ資産の自在なコントロール・強力なコンプライアンス・迅速な業…
「サラウンド」が「フォリウム」と業務提携 リクルーティングフルサービスパッケージ「スマスク」など新サービスを提供開始
2021年6月22日、サラウンド株式会社は、株式会社フォリウムと業務提携を行い、新サービスの提供を開始したことを発表しました。 サラウンドは、エントリーEC事業者や、少人数でEC事業を行うスモールEC…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ