注目のスタートアップ

クラウドサービス導入時のセキュリティチェック業務を支援する「Conoris」提供の「ミツカル」が2,400万円調達

company

2022年3月2日、株式会社ミツカルは、2,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、「Conoris(コノリス)」のβ版の提供を開始したことも併せて発表しました。

「Conoris」は、ユーザー企業へのクラウドサービスの導入時におけるセキュリティチェック業務の一元管理を実現するサービスです。

企業ごとの質問項目やワークフロールートを自由にカスタマイズできる機能や、ユーザー企業とのチェックのやり取り機能、1,000種類以上のクラウドサービスのマスターデータを活用したサービスごとの申請書の保管・棚卸・追加チェック機能を搭載しています。

業務を委託する際や、新たなサービスの申込みをする際、Excelなどで作ったセキュリティチェックシートを取引先企業に送付することがあります。

セキュリティチェックシートは、取引先のセキュリティ状況を確認し、セキュリティが不十分な企業と取引を行わないようにするためのものです。

しかし、セキュリティチェックシートは、ほとんどをExcelや手書きで作っているため、取引先が増えるにつれ多くの弊害が生じてしまいます。

その弊害とは、インシデント発生時にスピーディーに情報を見つけだせないこと、取引が継続しているかそうでないかが把握しづらいこと、管理業務が非効率的になることなどがあります。

このセキュリティチェックをシステム化しリスクの管理・監視を行うことを、ベンダーリスクマネジメント(VRM)と呼びます。

日本ではまだ馴染みのない言葉ですが、海外では企業のリスク管理のひとつとして重要視されてきています。

株式会社ミツカルのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ミツカルの代表取締役井上幸氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

クラウドサービスセキュリティチェック支援サービス「Conoris」の開発です。主にエンジニア費用になります。

・今後の展望を教えてください。

弊社はクラウドサービスのセキュリティチェックを起点にサービスを開始しておりますが、目指している姿としてはIT時代の日本企業の取引先リスク管理ができる総合プロダクトを提供することにより、安心・安全なDX推進を支援することになります。

そのため今後は、上記を実現するための各種モジュールを提供していく予定です。

・読者へのメッセージをお願いします。

起業してもうすぐ2年ですが、昨今のVUCAな時代、起業することはどんな転職や異動よりも価値のあるスキルアップだと思っています。個人の力を磨きながら、起業家で次の日本の未来を作っていきましょう!

適切なセキュリティの構築ができず顧客や社会に損害を与えてしまうと大きな損失となるため、セキュリティ対策はコストと捉えるのではなく、事業活動・成長に必須のものと位置づけ、投資と捉えることが重要だと経済産業省は示しています。「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期に実施できるセキュリティ対策について詳しく伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Conoris VRM コノリス セキュリティ セキュリティ・チェック・シート ベンダー・リスク・マネジメント ミツカル 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

農業向けドローン・ソリューション提供の「スカイマティクス」が資金調達
2019年11月14日、株式会社スカイマティクスは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社博報堂DYベンチャーズが運用するファンド「HAKUHODO DY FUTURE DESIG…
インフルエンサー・マーケティングの「Natee」が1.2億円調達
2020年11月9日、株式会社Nateeは、資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発のデータ分析システムをコアとし、若者に特化したマーケティング事業や、インフルエンサー・マーケティング事業、タ…
「ティアフォー」と「ミナミホールディングス」がAI教習システムの製品化のため合弁会社「AI教習所株式会社」を設立
2021年5月14日、株式会社ティアフォーは、ミナミホールディングス株式会社と、合弁会社であるAI教習所株式会社を設立することに合意したことを発表しました。 ティアフォーは、2015年に名古屋大学の加…
整形外科・接骨院・整体向けCRMツール提供の「リハサク」が1.1億円調達
2019年12月23日、株式会社リハサクは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 整形外科・接骨院・整体向けのCRMクラウド・サービス「リハサク」を提供しています。 運動指導…
クラウド型RPA「Robotic Crowd」提供の「チュートリアル」が5.52億円調達
2020年5月13日、株式会社チュートリアルは、総額5億5,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型RPA「Robotic Crowd」を提供しています。 APIが提供されていな…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ