駅配サービス「BOPISTA」が実証実験中 所沢駅構内とランエミオ所沢にスマートロッカーを新設

tips

2022年2月24日、株式会社SPACERは、駅配サービス「BOPISTA(ボピスタ)」の実証実験において、所沢駅構内・駅商業施設グランエミオ所沢にスマートロッカー「SPACER」を新設したことを発表しました。

「BOPISTA」は、株式会社西武ホールディングスの新規事業創出部署「西武ラボ」が主体となり、オープンイノベーションにより、株式会社そごう・西武、セントラルオペレーション株式会社、株式会社SPACERと協業して展開している新規事業です。

オンラインで購入した商品を、駅構内や商業施設に設置した専用ロッカーで受け取ることができるサービスです。2021年2月~3月にかけて第1回の実証実験を実施しました。

今回、新たな実証実験を実施するにあたり、所沢駅と駅商業施設の合計4カ所に設置する冷蔵と常温のロッカーを活用し、マルチなサービスを提供します。

新型コロナウイルス感染症の流行により、ECの利用が急激に増加しました。

物流業界では再配達が大きな課題となっており、置き配や別の場所での受け取りなど新たな取り組みが推進されています。

別の場所の受け取りとしては、コンビニ受け取りや駅ナカに設置された専用ロッカーでの受け取りなどがあります。

いつも利用する駅にロッカーがあれば、帰宅時にいつでも受け取ることができるため、設置台数が増えると非常に便利になると考えられます。

また、専用ロッカーに冷蔵・冷凍機能を整備することで、生鮮食品なども受け取ることが可能となります。

西武グループが実証実験を行っている「BOPISTA」は、西武が展開する商業施設で販売する商品や、沿線の店舗の商品、そして処方薬の即時受け取りができる駅配サービスです。

冷蔵ロッカーもあるため、スイーツ・食肉などの商品も受け取ることができます。

このような専用ロッカーや宅配ボックスなどの設計には、スマートロックなどのIoTが必要不可欠です。

スマートロックを手掛けるスタートアップと鉄道会社などの大手企業の協業の事例が多くあるため、協業に取り組もうとするスタートアップにとっても良い参考例となるでしょう。

新型コロナウイルスは企業に大きな打撃を与えました。社会はこの危機を切り抜けるために新たなソリューションを必要としています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ BOPISTA IoT スマート・ロッカー スマート・ロック ボピスタ ロッカー 実証実験 株式会社 物流 置き配 駅配
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

犯罪予測システム開発の「Singular Perturbations」が1億円調達
2021年11月24日、株式会社Singular Perturbationsは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自手法を含む高精度・高速な犯罪予測アルゴリズムをもととした犯罪予測…
開業・経営支援サービス「CLINIC Support」において無料の診療圏データ「クリニック開業マップ」がリリース
2019年12月13日、メドピア株式会社は、「CLINIC Support」において「MedPeerクリニック開業マップ」機能を提供開始したことを発表しました。 「CLINIC Support」は、開…
「イー・コミュニケーションズ」がTOEICオンライン・テストのAI監視サービスに「Remote Testing AIアナリスト」を提供
2020年12月9日、株式会社イー・コミュニケーションズは、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が提供する「TOEIC(R) Listening & Reading IPテスト(…
健康的な食事を届ける食の福利厚生サービス「OFFICE DE YASAI (オフィスで野菜)」運営の「KOMPEITO」が13億円調達
2022年3月3日、株式会社KOMPEITOは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オフィスに専用の冷蔵庫・冷凍庫を設置することで、健康的な食事が定期的に届くサービス「OFFICE…
自動配送ロボットを開発する「LOMBY」が資金調達
2022年6月22日、LOMBY株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ドローン産業に特化したベンチャーキャピタルであるDRONE FUNDです。 LOMBYは、自動配送ロボット…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ