注目のスタートアップ

アートECモール「Art Scenes」やオークションシステム「Otosell」など展開の「TODOROKI」が資金調達

company

2022年4月27日、株式会社TODOROKIは、資金調達を実施したことを発表しました。

TODOROKIは、アートECモール「Art Scenes」、オークションシステムサービス「Otosell」、アート市場でのWeb制作・アートフェアの運営支援・ECモールの共同運営などを展開しています。

ほかにも、日本トップクラスの組合員数を誇る美術商協同組合の公式ECモール「TSUNAGU」を制作しています。

今回の資金は、「Art Scenes」・「TSUNAGU」のさらなる拡大、オークションサービスや在庫管理システムなどアート業界のニーズに応える新規サービスのローンチ・検証、組織体制の強化に充当します。

日本のアート産業市場は、2021年には2,781億円と推計されています。また、アート作品が直接関わる美術品市場は2,186億円となっています(※1)。新型コロナウイルス感染症の影響もあり、昨年度よりも市場が縮小していることも確認できます。

チャネル別でみると、国内百貨店と国内画廊・ギャラリーが売上の7割を占めており、別のチャネルの充実や利用促進が美術品市場の活性化に資すると考えられています。

一方で、近年は大きな影響力を持つ起業家が現代アートを購入することがトレンドとなっています。これにより国内においてもアートを投資だと捉える価値観が浸透していくと考えられ、その環境を整備するため、様々なスタートアップがアート領域でビジネスを展開しています。

また、ブロックチェーンの登場もアート市場にとって大きなできごとのひとつです。ブロックチェーン技術を活用したNFTは、デジタルデータにも価値を持たせることを可能としました。これにより、世界にひとつしかないデジタルアートや、限定での販売、適切な二次流通が実現され、デジタルアート領域に大きな変化をもたらしています。

アート市場はこれまで小さな市場であり続けてきたため、積極的にデジタル化などに投資することは困難でした。しかし、近年の環境の変化を考えると、デジタル化・DXを図ることで、急激な成長を狙える可能性もあります。

今後、国内のアート市場がどのように進んでいくのか注目されています。

(※1)出所)「日本のアート産業に関する市場調査2021」エートーキョー(株)、(一社)芸術と創造​

新型コロナの影響により、ECは様々な領域へと広がっています。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Art Scenes EC Otosell TODOROKI TSUNAGU アート オークション 株式会社 現代アート 美術 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

商用EV車両の製造・販売を行う「EVモーターズ・ジャパン」が3億円調達
2022年4月12日、株式会社EVモーターズ・ジャパンは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、西日本鉄道株式会社、第一交通産業株式会社などです。 EVモーターズ・ジャパンは、…
デジタル・マーケティングの「FLUX」が2億円調達
2019年11月8日、株式会社FLUXは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ウェブ・メディアの広告収入ポテンシャルを最大化する「FLUX Header Bidding Solutio…
卵子凍結サービス「Grace Bank」などを提供する「グレイスグループ」が2.8億円調達
2022年4月1日、株式会社グレイスグループは、総額約2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 グレイスグループは、卵子凍結サービス「Grace Bank(グレイスバンク)」や、女性…
精神疾患向けのVRを活用した治療手法を開発する「BiPSEE」が2.5億円調達
2021年10月7日、株式会社BiPSEEは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 VR技術と医学的エビデンスにもとづいた、精神疾患治療向けの「VRデジタル治療薬」を開発して…
ボタンひとつでタクシーを配車できるデバイス「タクシーダッシュボタン」と「電脳交通」の配車システムが連携
2021年4月27日、株式会社電脳交通は、モバイル・コマース・ソリューション株式会社が提供する「タクシーダッシュボタン」とシステム連携を開始したことを発表しました。 電脳交通は、クラウド型タクシー配車…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ