浄水炭サブスク「SUMITCH」が環境アクションプラットフォーム「change」と提携

tips

2022年2月22日、株式会社クジラテラスは、株式会社チェンジ・ザ・ワールドが提供するサービス「change」と提携したことを発表しました。

クジラテラスは、浄水炭サブスクリプションサービス「SUMITCH(スミッチ)」を展開しています。

水道水の入ったボトルに炭を入れて浄水し、水道水をおいしく飲めるようにするプロダクトです。

チェンジ・ザ・ワールドは、環境アクションプラットフォーム「change」を運営しています。

自身のCO2排出力の算定や、自分の環境への貢献度の可視化、環境への良い活動が独自クレジット「リーフ」として貯まる機能により、個人の環境への貢献を支援するサービスです。

両社の提携により、個人のCO2オフセットとペットボトル使用量の削減を融合し、新しい消費スタイルとSDGsのさらなる推進を目指します。

木炭には無数の小さな孔が空いています。

炭は消臭に利用されることもありますが、この孔が匂いのもととなる分子を吸着するという性質を持っているからなのです。

この孔は水分中の不純物を吸着してくれるため、浄水にも利用されることがあります。

日本の水道水は世界的にも飲める水道水として有名ですが、やはりミネラルウォーターなどと比べると味が劣ってしまうことは事実で、また塩素が入っていることも気になってしまいます。

そのため飲水用にペットボトルの水を買う人や、ウォーターサーバーを契約する人も多く存在しています。

一方、SDGsの推進などによって環境への配慮が関心事項となっている中、プラスチックを利用しているミネラルウォーターやウォーターサーバーを日常的に飲むことに抵抗を覚える人もいます。

クジラテラスの「SUMITCH」は、そのような人のため、手軽に浄水ができる炭(ナラ木)をサブスクリプションモデルで提供するサービスです。

浄水に炭を利用する場合、使用していくうちに浄水能力がなくなっていくため、定期的な交換が必要となります。

サブスクであれば定期的に届くため、交換の手間もなく、浄水炭を続けていくことができるでしょう。

SDGsに対する取り組みは、マーケティングでも重要視されています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ CHANGE SDGs SUMITCH アクション クジラテラス サブスクリプション スミッチ チェンジ チェンジ・ザ・ワールド プラットフォーム 株式会社 浄水 浄水炭 環境
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スタートアップスタジオ「Musashino Valley」を運営する「MVP」が資金調達 各界で活躍するパートナーと事業家育成・支援事業を開始
2023年6月30日、株式会社MVPは、資金調達を実施したことを発表しました。 MVPは、スタートアップスタジオ「Musashino Valley」を運営しています。 MVPは、武蔵野大学アントレプレ…
フィットネスジム専用防犯カメラAI画像解析サービス「GYMDX」を提供する「Opt Fit」が2億円調達
2023年10月11日、株式会社Opt Fitは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Opt Fitは、フィットネスジム専用AI画像解析サービス「GYMDX(ジムディーエックス)」や…
会員型SNS「FOLLOW ME」やNFTデジタルトレカのマーケットプレイス「HABET」を運営する「NUNW」が12.8億円調達
2022年9月30日、NUNW株式会社は、総額12億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 NUNWは、クリエイターとファンをつなぐ会員型SNS「FOLLOW ME」と、NFTデジタル…
「TERASS」が家の買い替えサービス「Home Trader」をリリース
2021年2月17日、株式会社TERASSは、「Home Trader(ホームトレーダー)」をリリースしたことを発表しました。 「Home Trader」は、家の買い替えサービスです。 新居の購入から…
脳波の取得・分析サービス提供の「CyberneX」が資金調達
2021年9月29日、株式会社CyberneXは、資金調達を実施したことを発表しました。 脳波計測機能付きイヤホン型デバイス(Ear Brain Interface)の開発や、このデバイスを活用した実…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】