浄水炭サブスク「SUMITCH」が環境アクションプラットフォーム「change」と提携

tips

2022年2月22日、株式会社クジラテラスは、株式会社チェンジ・ザ・ワールドが提供するサービス「change」と提携したことを発表しました。

クジラテラスは、浄水炭サブスクリプションサービス「SUMITCH(スミッチ)」を展開しています。

水道水の入ったボトルに炭を入れて浄水し、水道水をおいしく飲めるようにするプロダクトです。

チェンジ・ザ・ワールドは、環境アクションプラットフォーム「change」を運営しています。

自身のCO2排出力の算定や、自分の環境への貢献度の可視化、環境への良い活動が独自クレジット「リーフ」として貯まる機能により、個人の環境への貢献を支援するサービスです。

両社の提携により、個人のCO2オフセットとペットボトル使用量の削減を融合し、新しい消費スタイルとSDGsのさらなる推進を目指します。

木炭には無数の小さな孔が空いています。

炭は消臭に利用されることもありますが、この孔が匂いのもととなる分子を吸着するという性質を持っているからなのです。

この孔は水分中の不純物を吸着してくれるため、浄水にも利用されることがあります。

日本の水道水は世界的にも飲める水道水として有名ですが、やはりミネラルウォーターなどと比べると味が劣ってしまうことは事実で、また塩素が入っていることも気になってしまいます。

そのため飲水用にペットボトルの水を買う人や、ウォーターサーバーを契約する人も多く存在しています。

一方、SDGsの推進などによって環境への配慮が関心事項となっている中、プラスチックを利用しているミネラルウォーターやウォーターサーバーを日常的に飲むことに抵抗を覚える人もいます。

クジラテラスの「SUMITCH」は、そのような人のため、手軽に浄水ができる炭(ナラ木)をサブスクリプションモデルで提供するサービスです。

浄水に炭を利用する場合、使用していくうちに浄水能力がなくなっていくため、定期的な交換が必要となります。

サブスクであれば定期的に届くため、交換の手間もなく、浄水炭を続けていくことができるでしょう。

SDGsに対する取り組みは、マーケティングでも重要視されています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ CHANGE SDGs SUMITCH アクション クジラテラス サブスクリプション スミッチ チェンジ チェンジ・ザ・ワールド プラットフォーム 株式会社 浄水 浄水炭 環境
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

デジタル・ヘルスの「FiNC Technologies」が50億円調達
2020年1月6日、株式会社FiNC Technologiesは、総額約50億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ヘルスケア/フィットネス・アプリ「FiNC」を運営しています。 悩みや毎日の体…
オフィス・セキュリティの「セキュア」が資金調達
2020年1月8日、株式会社セキュアは、資金調達を実施したことを発表しました。 AIや防犯カメラなどを活用した入退室管理などの、オフィス・セキュリティ事業を展開しています。 今回の資金は、研究開発や人…
画像認識・動画解析アルゴリズムを提供する「ACES」と「SOMPO Light Vortex」が資本業務提携
2022年5月26日、株式会社ACESは、SOMPO Light Vortex株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 ACESは、ヒトの認識・解析を行うHuman Sensing(…
自然言語AI搭載アド・ネットワーク「CANDY」運営の「スリーアイズ」が資金調達
2020年1月17日、株式会社スリーアイズは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ディノス・セシールです。 自然言語AIを搭載するアド・ネットワーク「CANDY」を開発・運営して…
「エーリンクサービス」が3D空間制作サービス「3D space」をリリース
2022年2月16日、株式会社エーリンクサービスは、「3D space」の提供を開始したことを発表しました。 「3D space」は、バーチャル会社見学・工場見学・ 店舗・ショッピングなどに活用できる…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ