注目のスタートアップ

統合ID管理プラットフォーム「YESOD」を提供する「イエソド」が6億円調達

company

2023年12月7日、株式会社イエソドは、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。

イエソドは、統合ID管理プラットフォーム「YESOD」を提供しています。

現在提供する「YESODディレクトリサービス」は、過去・現在・未来の従業員・組織情報を会社全体で共有・一元化し、各種オンボーディングや、ID・権限管理、データ分析の起点となる正規化された高品質の人・組織マスタ構築を実現するサービスです。

人事イベントを起点にアカウント管理を自動化するIGAソリューション「YESODアカウントコントロール」を近日リリース予定です。


以前は人材は経営において欠かせない資源(リソース)のひとつとして捉えられていました。しかし近年は企業価値をさらに向上させるため、人材を資本として捉える「人的資本経営」が注目されています。

人的資本経営とは、人材を資本として捉えて投資対象とし、その価値を最大限に引き出し、中長期的な企業価値向上につなげる経営戦略のことです。

人的資本経営が注目されている理由はいくつかあります。たとえば、近年国内のさまざまな業界では人手不足に悩まされているため、人材を資源として消費するのではなく、企業の価値創出を担う元手である「資本」として捉える必要性が高まっていること、投資家たちが非財務情報や無形固定資産に関心を寄せていること、人材・価値観の多様化により状況に応じた人材を活用する必要性が生じているためといったことが挙げられます。

企業において人材の力を最大限に引き出すためには、ピープルアナリティクスなどの人事データ分析が必要であり、それを実現するための人事データベースの構築などの基盤整備が重要です。

これまでの企業でも人事の業務として人材データを収集・保管していましたが、人事データベースは、閲覧・共有・分析を目的として構築されます。

さらに近年は、フリーランスや副業・兼業人材の活用、SaaSなどのアカウント発行など、企業の人事はより多様化・複雑化し、バックオフィスやIT部門の業務負担が高まっており、より効率的な「人」データの管理・活用に向けた体制整備が求められています。

こうした中でイエソドは、「人・組織マスタ統合」と「ID管理/IDガバナンス」を両輪で支えるプロダクトを開発・提供し、企業の人材・組織管理をサポートしています。

事業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーのある企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB ID IGA YESOD イエソド ジンジャー データ分析 プラットフォーム マスタ 人事 人事データベース 共有 従業員 情報 株式会社 管理 組織 統合 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ARグラス用ディスプレイモジュールを展開する「Cellid」が5億円調達
2022年12月16日、Cellid株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Cellidは、ARグラス用のディスプレイモジュールと空間認識ソフトウェアを開発・提供しています。 …
EV充電インフラ「Terra Charge」などを展開する「Terra Motors」が40億円調達
2023年6月26日、Terra Motors株式会社は、総額40億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Terra Motorsは、電気自動車(EV)向けの充電サービス「Terra Charg…
経営管理クラウド「Loglass」運営の「ログラス」が8,000万円調達
2020年7月8日、株式会社ログラスは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代型経営管理クラウド「Loglass」の正式提供の開始もあわせて発表しました。 「Logl…
果菜類の完全自動栽培の実現を目指す「HarvestX」が5,000万円調達
2021年1月18日、HarvestX株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 果菜類の完全自動栽培の実現を目指しています。 ミツバチに代わる手段としてロボットを活用した…
クリエイター・アーティスト向けNFTサービスを開発する「Siremo」が6,500万円調達
2022年8月25日、株式会社Siremoは、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、NFTオンラインストア(β版)の9月に予定するローンチに向け、クリエイターの事前登録を開…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】