「HiLung」がヒトiPS細胞由来の肺細胞を用いた「呼吸器感染モデル(薬効評価)試験受託サービス」を開始

tips

2022年2月24日、HiLung株式会社は、ヒトiPS細胞由来の肺細胞を用いた感染症モデル(含 新型コロナウイルス感染モデル)による試験受託を開始したことを発表しました。

ヒトiPS細胞分化・加工技術を用いた、生体とほぼ同等のヒト呼吸器上皮細胞の大量・安定的な培養に成功しています。

ヒト呼吸器上皮細胞を応用し、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどのヒト呼吸器感染モデルを作成・検証しています。

今回の受託サービスは、この呼吸器ウイルス感染モデルを用いた薬効評価サービスを、研究機関・企業向けに提供するものです。

これまでの動物肺モデル等を用いた評価よりも、実際のヒト呼吸器の病態生理の再現性が高いと考えられ、ヒトでの薬効予測やスクリーニングを行う上で有用なデータを得られる期待があります。

今後、ヒトiPS細胞由来の肺細胞を用いた各種受託試験サービスをさらに広く提供していく予定です。

創薬研究では、“見出す”、“作る”、“調べる”、“操る”の4つの重要なプロセスが存在します。

“調べる”プロセスにある薬効評価は、候補物質がヒトで効きそうであることを確かめるために行うものです。

薬効評価は、ほとんどの場合、ウサギやネズミなどの動物モデルを使用して評価が行われます。

ヒトによって薬効評価が行えれば精度は上がるのですが、まだヒトの体内に入っても安全であるかどうかはわからないため、動物モデルを使用せざるを得ません。

しかし、万能細胞であるiPS細胞が発見されたことにより、薬効評価においてもヒトモデルを使用することが可能となってきています。

HiLungによると、同社のヒト呼吸器モデルは実際のヒト呼吸器の病態生理の再現性が高く、従来よりも有用なデータを得ることができるようです。

新型コロナウイルス感染症においても一刻も早い治療薬の実用化が求められているため、こういった技術が積極的に取り入れられていくと考えられます。

研究開発を伴うビジネスには多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ HiLung iPS細胞 インフルエンザ ウイルス サービス スクリーニング 創薬 医療 新型コロナウイルス 株式会社 細胞 評価 試験 試験受託
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

運送企業向け業務支援SaaSや車両売買プラットフォームを提供する「Azoop」が13.8億円調達
2022年6月9日、株式会社Azoopは、総額13億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Azoopは、「トラッカーズ」というサービスブランドで、運送企業向け業務支援SaaS「トラッ…
クラウド郵便管理サービス「atena」提供の「N-Technologies」が2,500万円調達
2020年9月14日、株式会社N-Technologiesは、2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 これは、Coral Capitalを引受先としたJ-KISS型新株予約権方式による…
有名人からオリジナルボイスメッセージが届くアプリ「ONE RECO」がリリース
2022年3月14日、Appright Entertainment株式会社は、「ONE RECO(ワンレコ)」をリリースしたことを発表しました。 「ONE RECO」は、声優・俳優・アイドル・ミュージ…
動画クリエイター向けAI作曲クラウド・サービス運営の「SOUNDRAW」が6,500万円調達
2020年6月17日、SOUNDRAW株式会社は、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 動画クリエイター向けAI作曲クラウド・サービス「SOUNDRAW(サウンドロー)」(無料β…
フリマ・アプリの出品代行マッチング・プラットフォーム「マカセル」がリリース
2020年6月2日、株式会社MONO Technologiesは、日本初の出品代行マッチング・プラットフォーム「マカセル」を2020年6月2日から開始したことを発表しました。 「マカセル」は、フリマ・…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ