注目のスタートアップ

eラーニングシステム「learningBOX」提供の「龍野情報システム」が8.800万円調達

company

2022年1月26日、株式会社龍野情報システムは、総額8,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。

eラーニングシステム「learningBOX」を提供しています。

eラーニングの構築・実施に必要な、教材の作成・配布、成績管理、受講者管理を一括で行うことができるシステムです。

シンプルな操作性と低価格であることを特徴としています。

今回の資金は、「learningBOX」の開発領域の拡充、ユーザーサポート体制の強化、人材採用に充当されます。

eラーニング市場は、新型コロナウイルス感染症の影響で大きく拡大しました。

eラーニングは、企業では企業内研修やスキル向上のために活用されています。また、個人向けのeラーニングサービスも充実しており、プログラミングなどの自己スキル向上のためのコンテンツや、ヨガ・フィットネスといったヘルスケア系のコンテンツも人気を集めています。

eラーニングサイト/サービスを構築するには、自社で一から開発するか、フルスクラッチでの開発を依頼する、もしくは「learningBOX」のようなeラーニングシステムを利用する方法が考えられます。

フルスクラッチでの開発であれば自社にITエンジニアがいなくても理想通りのサービスを作り上げることが可能ですが、その分コストがかかってしまいます。

一方、eラーニングシステムは柔軟性が低い分、コストをかけないで気軽にeラーニングを開始することが可能となります。

eラーニング市場の拡大を受け、企業に蓄積された知見を活用してeラーニングを始めたいという需要も増加すると予測されます。「learningBOX」のようなeラーニングシステムの引き合いも増えていくことでしょう。

企業を成長させるには人材の教育も必要です。eラーニングだけでなく、読書も効率的な学習方法のひとつです。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、書店員が選ぶ社員教育に使える本10選を紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eラーニング learningBOX システム 株式会社 資金調達 龍野情報システム
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

業界最大積載量の農薬散布ドローン「ヘリオスアグリ16」が販売開始
2021年8月17日、東京ドローンプラス株式会社は、「ヘリオスアグリ16」の正式販売を開始したことを発表しました。 「ヘリオスアグリ16」は、業界最大級となる16Lの積載が可能な農薬散布ドローンです。…
ミドルマネジメント自動化クラウド「YARIKIRI」運営の「Betterbound」が8,000万円調達
2022年4月1日、株式会社Betterboundは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「YARIKIRI(ヤリキリ)」のβ版をリリースしたこともあわせて発表しました。…
AI面接サービス「SHaiN」提供の「タレントアンドアセスメント」が3.35億円調達
株式会社タレントアンドアセスメントは、総額3億3,460万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン・アプリなどを介してAIが面接を行うサービス「SHaiN」を提供しています。 応募者…
世界のスタートアップ・データベース「SUNRYSE.」運営の「Queue」が中国のスタートアップ・メディア「TechNode Global」とパートナーシップを締結
2020年9月10日、株式会社Queueは、「SUNRYSE.」において中国に拠点を置くTechNode Globalとのパートナーシップ締結に合意したことを発表しました。 「SUNRYSE.(サンラ…
物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボット開発の「LexxPluss」が資金調達
2021年3月3日、株式会社LexxPlussは、資金調達を実施したことを発表しました。 物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボットを開発しています。 従来の自動搬送ロボットは、誘導線上に沿って軌道走行す…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ