注目のスタートアップ

電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL」など提供の「ventus」が2.75億円調達

company

2021年12月20日、株式会社ventusは、総額2億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL(オリカル)」など、スポーツ・エンタメ領域のファンビジネスを提供しています。

「ORICAL」は、電子トレカ(デジタルなトレーディングカード)のコレクションを中心とした、ファンエンゲージメントサービスです。

来場限定トレカの発行やファンクラブなどとの連携によって、ファンのエンゲージメントを向上させます。

2021年12月現在、埼玉西武ライオンズ(プロ野球)、千葉ロッテマリーンズ(プロ野球)、日本相撲協会(大相撲)に導入されています。

スポーツビジネスのビジネスモデルは、ファン・視聴者からコンテンツの対価(チケット・グッズ・視聴料など)による収益と、広告主からの広告費による収益が主となっています。

広告主を獲得するためには、広告を出すに値する(見てくれる人が多い)スポーツチームであることが必要となります。

そのためスポーツビジネスでは、ファンの数・熱量が非常に重要な指標なのです。

ファンを獲得するには様々な施策があります。たとえば、プロ野球やサッカーなどメジャーなスポーツであれば、強いチームは自ずとファンが増えていきます。

しかし強いチームにするためには資金が必要ですし、またマイナーなスポーツやチームの場合は、ファンを集めるための別の施策が必要となります。

そこで近年注目されているのが、ファンと選手のつながりを強化するファンコミュニティの運営です。

いままでのファンクラブを強化するような方向性や、地域との結びつきを強化するといった方向性が考えられています。

ventusは、熱心なコレクターが多いトレーディングカードに注目し、ファンビジネスを提供しています。

野球のトレーディングカードは、米国では2,000万円以上の値がつけられて取引されるなど、非常に活発な市場です。

デジタルデータに唯一無二の価値を付与できるNFT技術の登場もあり、デジタルなトレーディングカードは今後さらに注目されることが予測されます。

ファンコミュニティの運営は、企業のファンコミュニティ運営やブランド形成などの領域への活用も進んでいます。プロダクトの販売や改善のためにはファンの獲得が重要であるため、創業期からコミュニティを運営していくのもよいかもしれません。「冊子版創業手帳」では、創業期のネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ORICAL ventus エンゲージメント エンターテインメント オリカル カード スポーツ デジタル トレーディング・カード ビジネス ファン 株式会社 資金調達 電子トレカ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI検品は現場を救うか 異常をほぼ100%検出する検査・検品AIメーカー「アダコテック」が4億円調達
株式会社アダコテックは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 異常をほぼ100%検出する速な検査・検品AIを開発・提供しています。このAIは、一般的なディープ・ラーニングの100分の1程…
実証実験プラットフォーム「POCOLAB」や官民連携事業展開の「官民連携事業研究所」が資金調達
2021年12月7日、株式会社官民連携事業研究所は、資金調達を実施したことを発表しました。 実証実験プラットフォーム「POCOLAB」の運営や、官民連携アクセラレーターを運営するための人材の育成、官民…
ストレッチ素材スーツなどのD2Cブランド展開の「kay me」がそごう横浜店・ジェイアール京都伊勢丹など大手百貨店内に新規出店へ
2020年10月1日、kay me株式会社は、2020年10月1日にそごう横浜店(神奈川県)、10月31日にジェイアール京都伊勢丹(京都府)、年内ほか数店舗、大手百貨店内に新規出店することを発表しまし…
クラウド受付システム提供の「RECEPTIONIST」が資金調達
2020年3月13日、株式会社RECEPTIONISTは、資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド受付システム「RECEPTIONIST」を提供しています。 日程調整や、会議室の予約、担当者へ…
サブスク向けのAIを用いたLTV/解約率改善ツール提供の「KiZUKAI」が8,000万円調達
2020年7月13日、株式会社KiZUKAIは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サブスクリプション・サービス向けの、LTV/解約率を改善するためのツール「KiZUKAI」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ