注目のスタートアップ

電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL」など提供の「ventus」が2.75億円調達

company

2021年12月20日、株式会社ventusは、総額2億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL(オリカル)」など、スポーツ・エンタメ領域のファンビジネスを提供しています。

「ORICAL」は、電子トレカ(デジタルなトレーディングカード)のコレクションを中心とした、ファンエンゲージメントサービスです。

来場限定トレカの発行やファンクラブなどとの連携によって、ファンのエンゲージメントを向上させます。

2021年12月現在、埼玉西武ライオンズ(プロ野球)、千葉ロッテマリーンズ(プロ野球)、日本相撲協会(大相撲)に導入されています。

スポーツビジネスのビジネスモデルは、ファン・視聴者からコンテンツの対価(チケット・グッズ・視聴料など)による収益と、広告主からの広告費による収益が主となっています。

広告主を獲得するためには、広告を出すに値する(見てくれる人が多い)スポーツチームであることが必要となります。

そのためスポーツビジネスでは、ファンの数・熱量が非常に重要な指標なのです。

ファンを獲得するには様々な施策があります。たとえば、プロ野球やサッカーなどメジャーなスポーツであれば、強いチームは自ずとファンが増えていきます。

しかし強いチームにするためには資金が必要ですし、またマイナーなスポーツやチームの場合は、ファンを集めるための別の施策が必要となります。

そこで近年注目されているのが、ファンと選手のつながりを強化するファンコミュニティの運営です。

いままでのファンクラブを強化するような方向性や、地域との結びつきを強化するといった方向性が考えられています。

ventusは、熱心なコレクターが多いトレーディングカードに注目し、ファンビジネスを提供しています。

野球のトレーディングカードは、米国では2,000万円以上の値がつけられて取引されるなど、非常に活発な市場です。

デジタルデータに唯一無二の価値を付与できるNFT技術の登場もあり、デジタルなトレーディングカードは今後さらに注目されることが予測されます。

ファンコミュニティの運営は、企業のファンコミュニティ運営やブランド形成などの領域への活用も進んでいます。プロダクトの販売や改善のためにはファンの獲得が重要であるため、創業期からコミュニティを運営していくのもよいかもしれません。「冊子版創業手帳」では、創業期のネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ORICAL ventus エンゲージメント エンターテインメント オリカル カード スポーツ デジタル トレーディング・カード ビジネス ファン 株式会社 資金調達 電子トレカ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

シフト管理と求人募集を同時に解決するシフト管理SaaS「らくしふワーク」がリリース
2021年11月22日、株式会社クロスビットは、「らくしふワーク」を11月22日(月)から提供開始することを発表しました。 「らくしふワーク」は、シフト管理システムから特定の曜日と時間帯の人材募集を直…
施工現場の労務管理システム提供の「SHO-CASE」が2,000万円調達
2022年7月15日、株式会社SHO-CASEは、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SHO-CASEは、施工現場の労務管理システム「SHO-CASE」のβ版を2022年7月1…
奨学金情報サイト「ガクシ―」と奨学金運営団体向け管理システム「ガクシ―Agent」を展開する「SCHOL」が1億円調達
2022年7月4日、株式会社SCHOLは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SCHOLは、学生・保護者向けの奨学金情報サイト「ガクシー」、奨学金運営団体向け管理システム「ガクシ―A…
「カスタメディア」食器のシェアリング・サービス「EPOCH TABLE」をリリース
石塚硝子株式会社は、「EPOCH TABLE(エポック テーブル)」を2020年7月1日にリリースしたことを発表しました。 「EPOCH TABLE」は、国内食器メーカー初の食器(テーブル・ウェア)の…
介護領域のDXを目指す「みーつけあ」が2.4億円調達
2020年10月6日、株式会社みーつけあは、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 要介護者とその家族からの介護相談、事業所・施設紹介事業や、仕事を探しているヘルパーとヘルパー…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ