注目のスタートアップ

コンサルティング事業の「ピアズ」が12.75億円調達 「ウィル」と「マックスプロデュース」を連結子会社化

company

2022年5月30日、株式会社ピアズは、借入により12億7,500万円の資金調達を実施することを発表しました。

また、2022年5月30日開催の臨時取締役会において、株式会社ウィルと株式会社マックスプロデュースの発行済株式総数の100%を取得することによる連結子会社化について決議したことも併せて発表しました。

今回の資金調達は、このM&A実施に伴うものです。

ピアズは、店舗DX事業や、働き方革新事業、セールスプロモーション事業などを展開するコンサルティングファームです。

ウィルは、通信キャリア業界向けの人材派遣、人材育成サービス、企画プロモーションを展開する人材派遣会社です。

マックスプロデュースは、社員総会・株主総会・社内運動会・社員表彰式など、インナーイベントを主としたイベント制作・プロデュース・映像制作を展開しています。

これまで通信キャリアでは中高年のユーザーも多いため、これらユーザーへのサポートは携帯ショップで対面で行うことがほとんどでした。

また、対面でのサポートは、その場でユーザーのスマートフォン・携帯電話を直接操作できるという大きなメリットがあったため、無理をしてオンラインでのサポートに移行するということは行われてきませんでした。

しかし、新型コロナウイルス感染症の流行により、こういった携帯ショップにおいても対面でのサービスの提供が難しくなり、オンラインでのサポートのニーズが急速に高まりました。

ピアズは、こうしたオンライン接客のニーズの高まりから、オンライン接客システム「ONLIX(オンリンクス)」といった新たな事業も展開しています。

「ONLIX」は、不動産・保険・ホテル・商業施設・旅行代理店・観光案内所など様々な業態で活用できる接客システムです。

今回子会社となるウィルは、通信キャリア業界向に人材派遣事業を展開しています。これにより、通信キャリア向けのオンライン接客についてサービスを拡充していくと考えられます。

また、ピアズは子会社の株式会社メタライブを通じ、ライブエンターテイメント、ファンコミュニティ、グッズコマースといったエンターテインメント事業にも乗り出しています。

今回のマックスプロデュースの子会社化により、クリエイティブ力を向上させ、さらに事業を拡大していくと見られます。

事業の拡大には資金調達が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、創業期の資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ウィル オンライン接客 コンサルティング ピアズ プロデュース マックスプロデュース 借入 子会社 店舗DX 株式会社 資金調達 通信キャリア
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマート水産養殖の「ウミトロン」が12.2億円調達
2022年6月7日、UMITRON PTE. LTD. (所在地: シンガポール)とウミトロン株式会社は、総額12億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ウミトロンは、水産養殖にAI…
AI関連技術の活用戦略コンサルティングなどの「connectome.design」とAI人材育成の「スキルアップAI」が業務提携
2020年12月16日、connectome.design株式会社は、スキルアップAI株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 connectome.designは、AI関連技術の活用戦略…
マンションの大規模修繕工事の一括見積支援サービスを展開する「スマート修繕」が1.5億円調達
2022年6月8日、株式会社スマート修繕は、1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社デライト・ベンチャーズです。 また、マンションやビルにおける大規模修繕の一括見…
地域の専門家プラットフォーム運営の「ミツモア」が5億円調達
2019年6月27日、株式会社ミツモアは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 地域の事業者と依頼者を結ぶオンライン・プラットフォーム「ミツモア」を運営しています。 カメラマン・士業・ク…
インパクト投資を通じて新興国の雇用創出・事業機会創出を推進する「ファルス」が資金調達
2021年9月2日、ファルス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 インパクト投資を通じて新興国の雇用創出・事業機会創出を推進しています。 具体的には、提携・投資先金融機関が保有するビッグ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ