注目のスタートアップ

経済状況予測SaaS「xenoBrain」を開発・提供する「xenodata lab.」が3億円調達

company

2023年1月24日、株式会社xenodata lab.は、総額3億500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、野村ホールディングス株式会社などです。

xenodata lab.は、経済状況を予測するSaaSサービス「xenoBrain(ゼノ・ブレイン)」を開発・提供しています。

経済ニュースや統計データを独自のディープラーニングモデルで学習し、企業の業績・製品市況・需給などの経済状況を予測するサービスです。

今回の資金は、「xenoBrain」の機能強化(予測対象領域を国内外の株価や四半期業績に拡大)などに充当します。

野村ホールディングスとは「xenoBrain」の予測データや分析コンテンツの活用において連携する予定であり、具体的な連携内容は今後順次発表することを予定しています。


経済産業省は、日本のDX(デジタルトランスフォーメーション)が実現できなかった場合、2025年以降、最大で12兆円/年の経済損失が生じる可能性を指摘しています。これを2025年の崖と呼びます。

DXとは、テクノロジーとデータの活用により、企業活動を根本的に変革し、競争優位性を確立する取り組みのことです。

DXにおいて活用されるテクノロジーはさまざまですが、中でもAI(人工知能)は重要なコア技術のひとつとして広く知られています。

AIの活用範囲は多岐にわたりますが、とくに従来活用されていなかった大量のデータ(ビッグデータ)を分析して未来を予測する技術には大きな強みがあります。

ビジネスでは高精度な予測ができれば競合他社よりも優位に立つことができます。さらに自社の今後の動向についても予測できれば、早い内に対応することが可能になり、より大きな成長を実現できます。

「xenoBrain」は、企業の業績・製品市況・需給など、さまざまな経済状況の予測を提供するSaaSです。営業、調達、経営企画など、企業におけるさまざまな業務で活用することができます。

デジタル化は単なる効率化だけでなく、データの活用も目的としています。テクノロジーの発展によって従来は難しかった分析も可能となっているため、こういったものも積極的に取り入れていくことが企業の成長につながるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SaaS xenoBrain xenodata xenodata lab. データ ディープラーニング 予測 株式会社 業績 経済 経済状況 統計 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマートフォン向けOS「SUNBLAZE OS」開発の「アメグミ」が5,300万円調達
2019年11月13日、株式会社アメグミは、総額5,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 前回の4,100万円の資金調達と合わせて9,400万円となります。 アメグミは、スマートフォン向…
画像解析と3Dプリンタによるオーダー・メイド・インソールなどの「ジャパンヘルスケア」が1,100万円調達
株式会社ジャパンヘルスケアは、総額約1,100万円の資金調達の実施を発表しました。 AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダー・メイド・インソール「HOCO(ホコウ)」を開発しています。 スマ…
島根大学発の細胞医薬ベンチャー「PuREC」が7億円調達
2022年3月29日、PuREC株式会社は、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 PuRECは、独自に開発した手法により得られた高純度間葉系幹細胞REC(Rapidly Expandin…
無添加ペット・フード企画・販売の「オネストフード」が6,000万円調達
2020年5月11日、オネストフード株式会社は、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 国産・無添加のグレイン・フリー・ペット・フード「レガリエ キャットフード」と「レガリエ ドッ…
総務省外郭団体がSNS情報から個人の知能指数や生活習慣を見抜く実験に成功
2020年8月20日、総務省の外郭団体である国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、情報機構)は、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の情報から、どの程度個人のパーソナリティが推定可能かを調べ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ