「リノベる」と「中央電力」が業務提携 リノベ―ションサービスとAI不動産査定の提供を開始

tips

2021年11月19日、リノベる株式会社は、中央電力株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。

リノベるは、中古マンション探しとリノベーションのワンストップサービス「リノベる。」を提供しています。

中央電力は、マンション一棟分の電気を一括購入することで、工場やテナントビルなどと同じ契約に変更し単価を安くするサービス「マンション一括受電サービス」など、電力関連サービスを提供しています。

今回の提携により、2021年12月から、「マンション一括受電サービス」の契約者向けサービスサイト「リコラ」上で、リノベーションサービスとAI不動産査定の提供を開始します。

「リコラ」会員は、リノベーションのきっかけとなるセミナー情報の収集や、自宅物件の価格を確認できるようになります。

新型コロナウイルス感染症は様々な業界に大きなマイナスの影響を与えました。

しかし首都圏のマンション市場は新築・中古ともに堅調に推移しました。

このことは、マンション市場は経済的ショックがあっても問題のない市場構造を証明したとの見方もあります。

ここ数年のマンション市場をみてみると、首都圏では2019年時点で中古マンション市場のシェアが新築マンション市場を上回りました。

中古マンションが人気となっている理由には、新築マンションの価格の高騰や、選択肢が多いこと、好立地なものが多く資産価値が下がりにくいこと、リノベーションが注目されていることなどがあります。

特に築20年が経過した中古マンションは価格の下落が安定し、またリノベーションするにあたってもちょうどよい築年数でもあります。

今後、中古マンション市場はさらに伸長することが予測されています。それに伴いリノベーションなど周辺サービスにおいてもユニークなものが多数登場し、ビジネス的にも注目の市場といえるでしょう。

人生においてマンションの購入・賃借は大きな出来事であるため慎重に選ぶことが肝心ですが、起業におけるオフィスの選定も同様です。「冊子版創業手帳」では、創業期のオフィスをの選び方や、スタートアップにおすすめのオフィスの形態について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI マンション マンション一括受電サービス リノベーション リノベる リノベる。 不動産 中央電力 査定 株式会社 業務提携 電力
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アパレルDXの「GOOD VIBES ONLY」が5.5億円調達
2021年10月8日、株式会社GOOD VIBES ONLYは、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタルサンプルとAI需要予測を活用することにより、アパレル業界におけ…
eスポーツ事業の「プレイブレーン」が6億円調達
2020年7月1日、株式会社プレイブレーンは、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 eスポーツの企画、ブランディング、マーケティングなど、eスポーツに関連した事業を展開しています。 eス…
EC業務効率化AI提供の「GAUSS」が資金調達
2020年4月30日、株式会社GAUSSは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、西川コミュニケーションズ株式会社です。 GAUSSは、EC業務を効率化するAIを研究開発・提供しています。…
仕込み済み商品を発注できるレストラン向けアプリ「シコメル」提供の「シコメルフードテック」が4,375万円調達
株式会社シコメルフードテックは、総額4,375万円の資金調達を実施したことを発表しました。 仕込み済み商品を発注できるレストラン向けアプリ「シコメル」や、飲食店のEC通販事業を製造から発送までサポート…
AI・ICTを活用した福祉プラットフォーム提供の「ウェルモ」が11.7億円調達
2019年8月22日、株式会社ウェルモは、総額11億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護業務であるケア・プランの作成を支援するAIエンジン「CPA(ケアプランアシスタント)」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ