注目のスタートアップ

社会保険労務士のためのクラウドツール「HRbase PRO」を提供する「Flucle」が1.2億円調達

company

2022年11月9日、株式会社Flucleは、総額約1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Flucleは、社会保険労務士のためのクラウドツール「HRbase PRO」を提供しています。

社労士事務所などにおける労務相談業務を効率化するサービスです。

法改正・年次業務に関する詳細でタイムリーな情報提供、労務相談に必要な資料・情報の管理・検索、労務相談の回答履歴をデータとして財産化する機能などを提供しています。

今回の資金は、プロダクト開発、事業拡大、人材採用の強化などに充当する予定です。

企業経営になくてはならない経営資源は、ヒト・モノ・カネ・情報といわれています。

社会保険労務士(社労士)はこのうち、ヒトの領域の専門家です。

近年は、働き方改革などにより労働関連の法律が厳しくなっているほか、労働者の労務意識の高まりにより労働者による労務面の指摘なども増えています。

こうした環境下では、労務トラブルへの対応を行い、さらに労務トラブルを限りなく減らすものとして社労士の労務相談のニーズが高まっています。

しかし労務相談で扱う範囲は非常に広く、社労士の知識習得の負担は大きなものになっています。また、法律がからむ業務であり、その法律も年々更新されていることから、正確でありながら最新の情報を顧客企業に提供することが求められます。

Flucleはこの課題を解決するため、法改正・年次業務に関する情報提供と、労務相談の内容を蓄積・管理することによるナレッジ化による業務効率化を実現する「HRbase PRO」を提供しています。

株式会社Flucleのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Flucleよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

企業の労務担当者やビジネスマンが雇用や労務に関する情報をネットで安易に取得できる時代ですが、情報の根拠や正確性の見極めは専門家にしかできません。

しかし労務相談に特化したクラウドツールはこれまで存在していませんでした。労務業界のDXを一気に推し進めるため、今回の資金調達を機に、労務×テクノロジーを推進できる人材の確保と、「専門家が安心して企業に提供できる、プロ仕様の書式・資料・マニュアル」がすぐに手に入るシステム開発を加速させます。

・今後の展望を教えてください。

HRテック市場は急速に伸びており、DXが遅れがちだった社会保険労務士の業界でもクラウドツール活用の流れが一気に進んでいます。同時にスタッフ育成の課題や、安心して働ける職場環境の整備など、ソフト面も無視できません。HRbase PROは単なるツール提供ではなく、社労士や労務担当者といった「バックオフィスを支える人たち」がより協働しあえる社会を目指していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

雇用や労務手続に関する情報は氾濫しており、SNSでも多様な意見が聞かれます。だからこそ社労士は「一番正しく、一番新しい情報」を手にしなくてはいけません。

HRbase PROは多忙な社労士の代わりに、情報取得と精査、そしてデータ化を担うツールです。社会保険労務士が開発した、業界課題を知り尽くしたシステムで、労務管理の世界に変革を起こしておきたいと考えています。

創業手帳は無料で専門家の紹介を行っているため、労務相談を必要としている企業はこちらを活用できます。また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Flucle HRbase PRO クラウド 労務相談 株式会社 社会保険労務士 社労士 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

産業廃棄物業界に特化した配車管理SaaS「配車頭」を提供する「ファンファーレ」が6.3億円調達
2022年7月20日、ファンファーレ株式会社は、総額約6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ファンファーレは、産業廃棄物業界に特化した配車管理SaaS「配車頭(ハイシャガシラ)」…
ライブ配信アプリ「EVERY .LIVE」運営の「STAGE」が3億円調達
2022年1月12日、STAGE株式会社は、3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2021年2月1日に、EVERY .LIVE株式会社を設立することも併せて発表しました。 STAGEは…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」2020年4月の登録ユーザー数が設立以来最高に
2020年5月14日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO」の2020年4月の月間登録ユーザー数が設立以来最高となったことを発表しました。 「FUNDINNO」は、株式投資型クラウドフ…
モバイルオーダーアプリ「funfo」提供の「ファンフォ」が資金調達
2022年8月17日、ファンフォ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ファンフォは、モバイルオーダーアプリ「funfo」を提供しています。 1台のiPadとテーブルへのQRコードの配置に…
LINEを活用したマーケティングソリューションの企画・制作・開発・運用を支援する「DOTZ」が1.8億円調達
2022年3月17日、DOTZ株式会社は、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 LINE公式アカウントを活用したフルファネルマーケティングをゼロから企画する「フルオーダーメ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ