スマート水産養殖の「ウミトロン」が「東京海上日動火災保険」と業務提携

tips

2021年11月16日、ウミトロン株式会社は、東京海上日動火災保険株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。

ウミトロンは、持続可能な水産養殖の実現のため、水産養殖にIoT・AI・衛星リモートセンシングなどのテクノロジーを活用することで、養殖生産における給餌の最適化や、自動化、業務効率化、生産過程におけるリスクの軽減、魚の安全・安定供給を実現するサービスを提供しています。

東京海上日動火災保険は、リスクの可視化や保険設計が困難だった領域についてもデータやテクノロジーを活用することにより、新たなデータドリブン保険商品やリスクソリューションを提供していく方針を示しています。

今回の提携により、持続可能な水産養殖の構築に資する研究・商品開発などを共同で推進します。

具体的には、スマート水産養殖関連のデータを活用した新たなサービス・保険の研究・開発や、持続可能な水産養殖の実装に向けた研究・開発を行います。

水産養殖業においても人手不足や高齢化が進んでいます。

世界的な気候変動により海洋環境も変化しており、資源量の減少といった課題も生じています。

そのため、水産養殖業においてもサスティナブルな事業への転換が求められています。

また、水産養殖業の生産性向上も両立するため、テクノロジーを活用した養殖業の確立のため、ベンチャー企業は様々な取り組みを行っています。

農林水産省の資料「スマート農林水産業の展開について 【水産業】」(202 1 年 2 月)によると、養殖業では衛生情報などのデータを活用した赤潮発生予測情報を養殖業者に提供するシステムが完成し、提供に向け体制の構築が進められています。

現状は、沖合養殖においては、より一層のコスト削減・省力化・静穏域の確保が、陸上養殖においては、施設整備のイニシャルコストや、電気使用量のランニングコストが高額であることが課題となっています。

そのため、沖合養殖では遠隔自動給餌システムを備えた大型沖合養殖プラントの実現や、浮消波堤などによる養殖に適した静穏域の確保の促進、陸上養殖ではインフラの整備やコスト低減のための地場のエネルギー(自然エネルギーなど)の利用などを進めていくことが必要であるとしています。

世界的には水産養殖生産量は著しく向上しており、特に東南アジアでは基幹産業となっています。

インドネシアではエビの養殖場をつくるためにマングローブを切り拓いていましたが、生態系への悪影響、環境への影響が指摘され、持続的なマングローブの利用のための取り組みが進んでいます。

国内だけでなく東南アジアなど海外においても水産養殖業は課題が堆積しているため、スマート水産養殖は非常に注目されている領域のひとつです。

スタートアップは医療や食糧危機などの社会課題を解決する可能性を秘めています。しかし社会課題解決型ビジネスは、ビジネスとして成立させるのに高いハードルがあります。「冊子版創業手帳」では、起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を乗り越えてきたかを知ることは、ビジネスの成長につながるはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI IoT ウミトロン スマート水産養殖 データドリブン 東京海上日動火災保険 株式会社 業務提携 水産 自動化 養殖
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「サッポロホールディングス」と「サムライインキュベート」がビジネス・コンテストを開催
2019年7月18日、サッポロホールディングス株式会社は、株式会社サムライインキュベートと共同で、「サッポロビジネスコンテスト最終審査会」を開催したことを発表しました。 「サッポロビジネスコンテスト」…
貸付ファンドのマーケットプレイス「Funds」運営の「ファンズ」が「三井住友信託銀行」と資本業務提携
2020年10月15日、ファンズ株式会社は、三井住友信託銀行株式会社と資本業務提携契約に基づき、新たな事業展開を開始していくことを発表しました。 1円から貸付投資ができる貸付ファンドのマーケットプレイ…
動画解析を活用した手術支援AI開発の「iMed Technologies」が1.7億円調達
2020年10月1日、株式会社iMed Technologiesは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳梗塞・くも膜下出血に対する脳血管内手術の安全な手術を実現するため、…
創業手帳代表が日経をさくっと解説 医療領域でスタートアップに追い風
2019年1月7日の日経新聞に、以下のニュースが取り上げられました。 1面 ・再生医療商用段階に ・ROE(自己資本利益率)10%割れ 7面 ・AI関連大企業が出資 ・顧客の声をAIで解析。コールセン…
リチウムイオン電池のレアメタルリサイクル技術開発の「エマルションフローテクノロジーズ」が資金調達
2021年10月18日、株式会社エマルションフローテクノロジーズは、資金調達を実施したことを発表しました。 この資金調達は、「リチウムイオン電池のレアメタルリサイクル技術の開発」を事業テーマとして、国…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ