「welp」が企業の雇用維持を目的とした出向支援サービス「Ainote」を発表

tips

welp株式会社は、「Ainote(アイノテ)」事業を開始することを発表しました。

「Ainote」は、雇用調整と人材調達の両立を”労働者の在籍出向”により実現するサービスです。

このサービスを利用することで、企業間の垣根を越えた人材によるワーク・シェアリングが可能となります。

出向人材の完全移籍もサポートしているため、従業員・出向元企業と出向先企業のニーズや雇用情勢に応じて従業員の人件費を最適化することもできます。

また、労働者向けには、希望の業種・業態や、身につけたいスキルなどの観点から候補先企業を探せる機能や、出向先企業からの人事評価を蓄積することで、出向元企業に在籍しながら自身のスキルアップや市場価値の向上を目指すことができる仕組みを提供します。

正式リリースは、2020年内を予定しています。また、サービスの最終調整を行うため、先行登録企業を募集しています。先行登録企業には、導入サポートやコンサルティング・サービスを無料で提供します。

welpはほかに、スポット・アルバイト・マッチング・アプリ「ウェルプ」を提供しています。

働き方改革の推進で、副業・兼業を支援するサービスや、テレワーク人材や外国人に特化したマッチング・サービスなどが誕生しています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行により、様々な業界が打撃を受けました。新型コロナが収束すれば事業回復が見込めるものの、現時点では雇用を維持することが難しくなり、人材を手放さざるを得ない企業も出てきています。

在籍出向は、リストラの回避のための措置として行われることもあり、事業が大変であることを社内外に知らしめてしまうので、ネガティブな印象がありました。

しかし、新型コロナウイルス感染症などの非常事態では、人材の流出を抑えるために活用できる制度でもあります。

また、企業の成長にはオープン・イノベーションや人材のスキル・アップなどが必要ですが、在籍出向を活用して人材の流動化を図ることで実現することも可能でしょう。

企業の成長には人材の採用が欠かせません。しかし創業期はどのように採用活動を行えばよいのかわからない場合があるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Ainote welp アイノテ サービス ワーク・シェアリング 人材 働き方改革 在籍出向 支援 株式会社 雇用

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」など提供の「オープンエイト」と「凸版印刷」が業務提携
2020年11月27日、株式会社オープンエイトは、凸版印刷株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 オープンエイトは、インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」や、動画自動生…
「CAMPFIRE」が「note」と連携しnote記事内にプロジェクト概要を表示する機能を提供開始
2020年6月10日、株式会社CAMPFIREは、note株式会社運営の「note」と連携し、「プロジェクト紹介カード」を提供開始したことを発表しました。 noteが運営するメディア・プラットフォーム…
オフライン広告プラットフォーム展開の「ビズパ」が5,000万円調達
2020年4月24日、株式会社ビズパは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オフライン広告のプラットフォーム「Bizpa」を展開しています。 全国の広告商品の検索から発注までを…
空いた時間に働きたい人と人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリング・サービス提供の「タイミー」が13.4億円調達
2020年9月14日、株式会社タイミーは、総額13億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 空いた時間に働きたい人と、すぐに人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリング・アプリ「…
家具のサブスクリプション・サービス「airRoom」の運営元が1億円調達
2019年7月24日、株式会社Elalyは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・インテリアのサブスクリプション・サービス「airRoom」を運営しています。 人気家具ブランドの…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ