尿によるがんの早期発見技術を開発する「Craif」が資金調達

company

2021年11月2日、Craif株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

尿を利用したがんの早期発見技術の確立のための研究開発を行う名古屋大学発ベンチャー企業です。

酸化亜鉛ナノ構造体とマイクロ流路を組み合わせたCraifの独自のデバイス「ナノワイヤデバイス」は、エクソソームを高効率に回収することができるため、がんなど多くの疾患に関わる細胞間のクロストーク(やりとり)を読み取ることができます。

今回の資金は、このがんを早期発見する検査の社会実装や、研究開発・臨床研究の強化に充当されます。

エクソソームとは、ほぼすべての細胞が分泌する小型の顆粒状の物質で、血液、尿、髄液などの体液にも存在しています。

内部にはマイクロRNA、メッセンジャーRNA、DNAなどが含まれており、これを他細胞に受け渡すことでやりとりを行っていることが判明しています。

がん細胞と正常細胞では分泌されるマイクロRNAの種類や量が異なるため、これを分析することでがんの早期診断を実現できると期待されています。

マイクロRNAは血液にも含まれているため、大手電機メーカーは血液中のマイクロRNAを取りだし分析するがん検査機を開発しています。たとえば東芝は1滴の血液から13種類のがんを2時間以内に検知できる技術の研究開発を行っており、すでに99%の精度で識別できるまで開発が進んでいるといいます。

まずは大手電機メーカーによる血液検査のほうが実用化は早いでしょうが、尿による検査も実用化段階にあるため、近い将来には簡便ながん検査が社会実装されるでしょう。

血液検査は血液を採取する必要があるため、尿のような非侵襲性の検査のほうが普及されると考えられます。

尿を利用したマイクロRNAの分析は、Craifの開発する「ナノワイヤデバイス」によるものと、尿に含まれるがんの匂いに反応する線虫を用いる線虫検査があります。

線虫がん検査はすでに一般発売されており、精度は86%となっています。

Craifは、初期段階の肺がん・脳腫瘍でも高い精度で検出することに成功(感度・特異度共に97%以上)しているため、精度の面でどれだけシェアを獲得できるかが争点となってきそうです。

研究開発を主体としたビジネスでは、ビジネスとして軌道に乗るまでの研究開発費用が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Craif エクソソーム がん デバイス マイクロRNA 医療 早期発見 株式会社 検査 研究 診断 資金調達 開発
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

介護ワーク・シェアリング・サービス運営の「カイテク」が1億円調達
2020年9月7日、カイテク株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護ワーク・シェアリング・サービス「カイスケ」と、介護業界特化の採用/集客Webツール「バーチャル施設見学…
チケット見逃し防止アプリ「Freax」運営の「Spectra」が資金調達
2019年9月30日、株式会社Spectraは、資金調達を実施したことを発表しました。 チケット見逃し防止アプリ「Freax」を提供しています。 各種音楽ストリーミング・サービスの視聴データと「Fre…
AIを活用したトラベル・サービス運営の「atta」が3億円調達
2020年1月8日、株式会社attaは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ビッグデータとAIを使った旅行アプリ「atta(あった)」を運営しています。 218カ国のホテル・旅館・民…
クラウド型製品マスターSaaS「Ninja DB」開発の「Lazuli」が5,000万円調達
2020年11月5日、Lazuli株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型の製品マスターSaaS「Ninja DB」を開発しています。 世界中の製品の情報を整…
ウェルネス・データ・プラットフォーム開発の「スマートスキャン」が資金調達
2019年11月22日、スマートスキャン株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 医療現場の徹底的なIT化を図ることで、低価格な自費診断の脳ドック検診サービス「スマート脳ドック」を提供するク…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ