注目のスタートアップ

標的タンパク質分解誘導剤開発の「ファイメクス」が11.75億円調達

company

2022年1月24日、ファイメクス株式会社は、総額11億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

標的タンパク質分解誘導薬の開発と、標的タンパク質分解誘導薬の創薬プラットフォーム「RaPPIDS」の開発を行っています。

今回の資金は、IRAK-Mタンパク質分解誘導剤の非臨床安全性試験とCMC研究の推進や、他のタンパク質分解誘導剤の研究の加速化、「RaPPIDS」の製薬企業への提供のためのさらなる改良・開発の推進などに充当されます。

人間の体内には約180,000のタンパク質があり、わかっているだけでも約1,500のタンパク質が疾患と関連があります。

その約1,500あるタンパク質の90%は、既存の低分子薬や抗体医薬が適用しづらい(薬を作ることができない)標的分子とされています。

ファイメクスなどが着目している標的タンパク質分解誘導薬は、その標的のタンパク質を細胞内で分解消去するという革新的なものです。

創薬ターゲットの範囲を大幅に広げ、これまでの低分子薬の概念を変える存在として大きく注目されています。

ファイメクスは標的タンパク質分解誘導薬の開発だけでなく、創薬基盤技術も開発しており、この技術を創薬企業などに提供することで国内外の分解誘導薬開発の発展を目指しています。

標的タンパク質分解誘導薬においては、乳がんや前立腺がんなどに対するものが臨床試験に入っており、世界的に開発競争が加速していくと考えられています。

ファイメクス株式会社 代表取締役 冨成祐介氏のコメント

このニュースを受けまして、ファイメクス株式会社 代表取締役 冨成祐介氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

自社プラットフォーム RaPPIDSの改良および新規E3リガーゼバインダーの探索
自社プログラムIRAK-Mの非臨床試験(安全性試験)およびCMC
後続のプログラムの研究
社内体制整備

・今後の展望を教えください。

自社プラットフォームを強化することで製薬企業との共同研究を増やしていく。
自社プログラムを進捗させ、製薬企業への導出を行う。
共同研究事業と自社創薬事業をしっかり進めることで画期的な新薬を創出していける会社に成長させる。

・読者へのメッセージをお願いします。

世界的に注目度が高い研究領域ですが、その分競合も多く、いかに競合よりも魅力的な技術を創出できるかを常に考えています。

米国は資金調達規模が一桁違いますが、RaPPIDSによる効率化でコストを削減することで世界と戦える体制を構築しました。

今後は本技術を元に自社プログラムのみならず共同研究を増やしていくことで、会社を成長させ、最終目標である画期的な新薬の創出を達成を目指して参ります。

研究開発型のビジネスは、資金調達が非常に重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IRAK-M RaPPIDS ファイメクス 創薬 創薬プラットフォーム 医療 医薬品 株式会社 標的タンパク質分解誘導薬 標的蛋白質分解誘導薬 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

地域ビジネスをプロデュースする「インターローカルパートナーズ」が資金調達
株式会社インターローカルパートナーズは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、キリンホールディングス株式会社、自然電力株式会社、株式会社LIFULL、東邦レオ株式会社の4社です。 地域に必…
月に眠る水資源を活用した宇宙インフラ構築を目指す「ispace」が50.7億円調達
2021年8月4日、株式会社ispaceは、総額約50億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ispaceは、人類の生活圏を宇宙に広げていくため、月に眠る貴重な水資源を活用して宇宙イ…
「NOCアウトソーシング&コンサルティング」がテレワーク助成金を活用できるITアウトソーシング・サービスをリリース
2020年3月19日、NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社は、東京都の事業継続緊急対策(テレワーク)助成金を活用できるITアウトソーシング・サービスを提供することを発表しました。 このサー…
各種スクール向け予約管理システム「RESERVA」がビデオ会議サービス「Zoom」と連携
2020年12月2日、株式会社コントロールグループは、「RESERVA(レゼルバ)」において、Web会議ツール「Zoom」との連携機能を実装したことを発表しました。 「RESERVA」は、各種スクール…
シンガポール発・人事分析ツール「パナリット」提供の「Panalyt」が3.3億円調達
2021年7月28日、Panalyt Pte Ltd(本社シンガポール)は、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人事分析ツール「パナリット」を開発・提供しています。 散ら…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ