注目のスタートアップ

マイクロCTC検査を活用したがんリスク検査事業を展開する「セルクラウド」が4.4億円調達

company

2023年11月10日、株式会社セルクラウドは、総額約4億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

セルクラウドは、マイクロCTC(Circulating Tumor Cells:血中循環がん細胞)検査を活用したがんリスク検査事業を展開しています。

欧米で主流のCTC検査の品質・検査精度をさらに進化させ、「上皮間葉転換」した悪性度の高い、浸潤・転移の高い能力を持つ「間葉系のがん細胞」を特定し、高精度で検出できるCSV(細胞表面ビメンチン)抗体を利用することで、高い精度のリスク判別を実現しています。

これにより従来の検査手法に比べ、安全かつ手軽に全身のがんリスク判定を可能にします。

今回の資金は、検査センターの検査精度向上を目的とした検査装置購入、専門人材の採用、認知拡大を目的としたマーケティング・PRなどに充当します。


がんは1981年から2022年にかけて連続で国内死因の第1位である疾患です。

がんは国民病ともいえる疾患であり、2019年のデータによると、日本人が一生のうちにがんと診断される確率は、男性が65.5%、女性が51.2%と、2人に1人以上ががんと診断されることがわかっています。

かつては不治の病とされることも多かったがんですが、現代は医療が発展し、早期発見早期治療ができれば、9割が治療が可能です。

したがって早期発見を実現するためのがん検診が重要なのですが、「平成28年国民生活基礎調査」によると、40歳~69歳の受診率は、もっとも高い肺がん検診で、男性が51.0%、女性が41.7%と低い水準にあります。

日本人ががん検診を受診しない理由としては「受ける時間がない」ことがもっとも大きな割合を占めていることから、既存のがん検診よりも簡単に受けられる検査が求められています。

CTC検査は、血中に流れている小さながんを超早期に発見する検査です。CTC検査は画像診断では困難な大きさのがんも発見できるほか、採取した血液のみで検査が可能という特徴を有しています。

セルクラウドはこのCTC検査をさらに進化させた「マイクロCTC検査」をコア技術に、がんリスク検査を展開しています。

株式会社セルクラウドのコメント

このニュースを受けまして、株式会社セルクラウドよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回の資金調達を通して、マイクロCTC検査を活用した、がんリスク検査の検査センターにおける検査精度向上を目的とした検査装置の購入、専門人材(高いスキル・経験を持つ検査技師)の採用、認知拡大を目的としたマーケティング・PRへの投資などを見据えています。

・今後の展望を教えてください。

資金調達に留まらず、当社は今年から多業種多企業との業務提携を行うなど、がんリスク検査事業を拡大してきました。今回の資金調達、多企業との業務提携を契機とし、今後、「がんの不安と苦しみをなくす」という当社のミッション実現に向け、より一層事業を加速してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

「マイクロCTC検査」は今年の5月より全国のクリニックに導入を開始し、現在150院を越えるクリニックに導入頂いております。

より一層がんリスク検査事業を拡大し、「マイクロCTC検査」をご利用頂く機会を増やすことで、がんの早期発見・早期治療が進み、がんの不安と苦しみがない世の中になることを目指します。

事業のさらなる成長のためには、戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ がん がんリスク検査 がん検査 セルクラウド マイクロCTC検査 医療 株式会社 検査 細胞 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

治験・臨床研究向け文書管理クラウドサービス「Agatha」提供の「アガサ」が3.6億円調達
2021年11月4日、アガサ株式会社は、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 治験・臨床研究向け文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」を提供しています。 医療業界…
グロースマーケティング事業を展開する「ソルブレイン」が「三井物産」と資本業務提携
2023年4月1日、株式会社ソルブレインは、三井物産株式会社と、資本業務提携を行ったことを発表しました。 ソルブレインは、事業内外に散らばるデータを一元化・可視化し、企業が抱える経営課題を発見し解決へ…
衣服・ライフスタイル生産プラットフォーム「sitateru CLOUD」提供の「シタテル」が資金調達 「TSI」と資本業務提携
2022年7月13日、シタテル株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先であるTSIホールディングスと資本業務提携契約を締結したこともあわせて発表しています。 シタテルは、衣服を…
永続的な保有を前提とした事業承継・株式譲受により中小企業を支援する「中小革新基盤株式会社」が資金調達
2022年10月11日、中小革新基盤株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、シヤチハタ株式会社、霞ヶ関キャピタル株式会社などです。 中小革新基盤は、永続的な保有を前提とした事業承…
AI導入コンサルテーション事業など展開の「調和技研」が3億円調達
2020年5月19日、株式会社調和技研は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI導入コンサルテーションを中心に、AI研究開発・実装・運用、AIエンジンの提供、AI技術者の人材育成を…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】