「スマートボックス」と「勤次郎」が連携し「どこでも☆オンライン診療&医療通訳」の提供を開始

tips

2022年1月31日、株式会社スマートボックスは、勤次郎株式会社と連携し、新サービス「どこでも☆オンライン診療&医療通訳」の提供を開始することを発表しました。

スマートボックスは、365日対応の通訳に特化したテレビ電話サービス「どこでも☆通訳」を提供しています。

通訳者とのテレビ電話を介し、リアルタイムに外国語話者とのコミュニケーションを支援するサービスです。

勤次郎は、遠隔診療システム「ケリーオンライン診療システム」などのヘルスケアソリューションや、人事・労務関連のクラウドサービス・ソリューションを展開しています。

今回の「どこでも☆オンライン診療&医療通訳」は、スマートボックスの「どこでも☆通訳」と勤次郎の「ケリーオンライン診療システム」をかけ合わせたものです。

オンライン診療において通訳者を介在させることで、外国語話者の受診ハードルを下げ、診療機会を提供するサービスです。

出入国在留管理庁が公表している情報によると、2020年末における在留外国人数は約288万となっています。

コロナ禍により在留外国人数は約4.6万人ほど減少しましたが、人手不足の解消のための外国人特定技能人材の雇用も進んでおり、在留外国人数は増加すると考えられます。

日本語でのコミュニケーションに抱える外国人は、様々なサービスにアクセスすることへの障壁があります。

近年は、外国人を雇用する企業向けに外国人の生活をサポートする福利厚生サービスの提供なども進んでいますが、それでも充分な環境の構築がされているとは言い難い状況にあります。

特に医療現場においては、通訳に関する体制が整備されておらず、個々の現場でなんとか対応しているという状況が続いています。

また医療サービスでは専門的な説明を行うことが多いため、通常の通訳者では語彙が足りないこともあります。

「どこでも☆オンライン診療&医療通訳」は、コロナ禍によってニーズが高まった遠隔診療において、医療通訳技能を持つ通訳者を介在させることにより、医療現場における言語の問題を解決することを目指しています。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ケリーオンライン診療システム コミュニケーション スマートボックス どこでも☆オンライン診療&医療通訳 どこでも☆通訳 ヘルスケア 勤次郎 医療 外国語 通訳 遠隔診療
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

パーソナルドクターによる予防医療・生活改善プログラム「Wellness」展開の「ウェルネス」が6,500万円調達
2022年5月10日、株式会社ウェルネスは、総額約6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 予防医学知見・ビヘイビアヘルス(公衆衛生学)についても熟知したパーソナルドクターにより、予防・…
医療機器特化型アクセラレータープログラム「MedTech Angels 2021」募集開始 9/30締切
2021年9月3日、プレモパートナー株式会社は、「MedTech Angles 2021」の開催を発表しました。 「MedTech Angles 2021」は、国内初の医療機器(MedTech)特化型…
法人向けオンラインキャリアカウンセリングプラットフォーム運営の「Kakedas」が資金調達
2022年3月25日、株式会社Kakedasは、資金調達を実施したことを発表しました。 Kakedasは、法人向けオンラインキャリアカウンセリングプラットフォーム「Kakedas(カケダス)」を運営し…
動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS」提供の「Contrea」が1.4億円調達
2021年11月16日、Contrea株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS (メディオス) 」を…
メンタルヘルスケアアプリ「emol」が千葉県市原市で実証実験を実施
2021年7月5日、emol株式会社は、早稲田大学人間科学部・大学院人間科学研究科 大月研究室と、デジタルセルフケアプログラムの共同開発を行い、千葉県市原市の協力により心理介入実験を行ったことを発表し…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ