デジタル上に人生の最期に伝えたいメッセージを遺し届けることができる「lastmessage」提供の「パズルリング」が1.6億円調達

company

2021年11月1日、株式会社パズルリングは、総額約1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

デジタル上に人生の最期に伝えたいメッセージを遺し届けることができる「lastmessage(ラストメッセージ)」を提供しています。

予期せぬ死を迎えた際、指定した人にメッセージを送ることができるサービスです。

文章・動画・写真のほか、Webサービスなどのパスワードや、保険・証券、銀行口座なども伝えることができます。

またメッセージの送信だけでなく、自分のやりたいことをToDoリストにする「やりたいことリスト」や、手軽に寄付ができる「カンタン寄付」機能なども備えています。

今回の資金は、「lastmessage」の多角化やサービス向上のための機能開発などに充当されます。

不慮の事故による死者数は年間約4万人ほど存在します。

もし死んでしまったら自分が遺すことになるものはどうなるのでしょう?

デジタル時代ではサービスを利用するために様々なパスワードを保管していることと思います。

また、そもそもPCやスマートフォンを利用するにもパスワードが必要となります。

利用者本人がいなくなってしまった場合、家族はパスワードを知る手段はほとんどありません。

しかし、自分が死んでしまった時のことを考え、紙などにパスワードや遺品の取り扱いなどを書き遺している人はあまりいないでしょう。

またそもそも紙にパスワードを書いておくことはセキュリティ的にも憚られます。

また、デジタル時代では各種サービスのパスワードだけでなく、デジタル上に保管された遺品もあります。

写真についてもクラウドにアップされているものも多く、もし家族がサービスにアクセスすることができなければ、それらは失われてしまうことになります。

「lastmessage」は、これらの不安・課題を解決するために開発されたサービスです。デジタルの比重が高まるにつれ、ニーズが高くなっていくでしょう。

ユニークなサービスを開発するためには、自社の分析が必要となります。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ lastmessage パズルリング メッセージ ラストメッセージ 人生 株式会社 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIを活用したトラベル・サービス運営の「atta」が3億円調達
2020年1月8日、株式会社attaは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ビッグデータとAIを使った旅行アプリ「atta(あった)」を運営しています。 218カ国のホテル・旅館・民…
「DXHUB」が一時帰国者向けの通信サービス「おかえりSIM」をリリース
2021年11月10日、DXHUB株式会社は、「おかえりSIM」を提供開始したことを発表しました。 「おかえりSIM」は、一時帰国者を対象とした通信サービスです。 一時帰国する際の帰国頻度や、滞在期間…
ケーキ専門通販サイト運営の「Cake.jp」が7.7億円調達
2021年5月10日、株式会社Cake.jpは、総額7億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ケーキ専門通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」を運営しています。 全国の洋菓…
不動産領域の資産運用・管理プラットフォーム提供の「WealthPark」が9億円調達
2020年8月5日、WealthPark株式会社は、総額9億700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 保有不動産の管理・運用をサポートし保有不動産の価値の最大化を支援するアプリ「Wealth…
「トレタ」が分析サービス「外食データクラウド」の提供をスタート
2019年7月8日、株式会社トレタは、「外食データクラウド」を2019年7月8日から提供スタートすることを発表しました。 「外食データクラウド」は、飲食店における予約行動や喫食行動のデータ分析を効率的…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ