注目のスタートアップ

特定技能外国人材を活用した人材支援事業と課題解決を目的とした一次産業向け情報支援事業を展開する「YUIME」が3億円調達

company

2023年4月12日、YUIME株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

YUIMEは、一次産業に特化した支援企業として、特定技能外国人材を活用した人材支援事業と課題解決を目的とした情報支援事業を展開しています。

外国人スタッフを産地の繁忙期に派遣を行う人材支援事業や、一次産業の課題を集め解決を目指すプラットフォーム「YUIME Japan」の運営を行っています。

中長期的には、人材支援・情報支援・一次産業に特化した新規サービスから得られるさまざまなデータをもとに、一次産業従事者にとってよりよいサービスの開発を目指します。

今回の資金は、既存事業の拡大に向けた基盤整備、一次産業に特化した新規サービスの開発に充当する予定です。


農業・漁業・林業といった一次産業は、高齢化による生産性の低下と深刻な人手不足を課題として抱えています。

農林水産省の「農業労働力に関する統計」によると、2015年の基幹的農業従事者数は175.7万人だったものが、2022年には122.6万人と、50万人以上減少しています。

さらに平均年齢は2022年時点で68.4歳と、著しい高齢化が進展していることがわかります。

農業は人間が生きていくために必要な食料を生産する重要な役割を担っています。

グローバル化が進展した現在では、食料についても海外からの輸入に頼る割合が大きくなっており、国内の食料自給率はカロリーベースで38%(2021年時点)であり、今後はさらに低下していくことが予測されています。

食料自給率の低さは、海外で有事があった際などに食料が入ってこなくなる危険性があるといったことが指摘されていましたが、コロナ禍ではそれが現実の話となり、食料自給率の向上は重要な要素のひとつとなっています。

そのため農業などの一次産業では人手不足を解消するための取り組みが進められています。

特定技能制度は、国内人材を確保することが困難な状況にある産業分野において、一定の専門性・技能を有する外国人を受け入れることを目的とする制度であり、2019年4月から受け入れが可能となりました。

特定技能外国人を受け入れる分野には農業・漁業が含まれています。そのため農業・漁業では人手不足解消のため特定技能外国人の受け入れ・活用が重要となっています。

人材の採用は、企業の成長にとって重要です。しかし創業期の人材採用は大きな投資のため失敗ができません。「冊子版創業手帳」では、創業期における人材採用のノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 1次産業 YUIME 一次産業 人材 外国人材 林業 株式会社 水産業 活用 漁業 特定技能 課題解決 資金調達 農業
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コンピューターゲーム向けサイバーセキュリティ事業を展開する「Sentry」が4,000万円調達
2022年5月11日、株式会社Sentryは、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Sentryは、コンピューターゲーム向けチート対策プロダクト「Sentry Anti-Che…
精神疾患向けのVRを活用した治療手法を開発する「BiPSEE」が2.5億円調達
2021年10月7日、株式会社BiPSEEは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 VR技術と医学的エビデンスにもとづいた、精神疾患治療向けの「VRデジタル治療薬」を開発して…
鹿児島県の産地直送品を全国に届ける「かごしまぐるり」を運営する「オービジョン」に「フューチャーベンチャーキャピタル」が投資を実行
2022年11月15日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社チェンジ、株式会社チェンジ鹿児島と共同で2022年6月に設立した「かごしまスタートアップ支援投資事業有限責任組合(かごしまス…
サプライチェーンリスク管理サービスを提供する「Resilire」が6.2億円調達
2024年4月18日、株式会社Resilireは、総額6億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Resilireは、サプライチェーンリスク管理サービス「Resilire(レジリア)」…
Webサイト多言語化の「Wovn Technologies」とデジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が業務提携
2020年10月13日、Wovn Technologies株式会社は、株式会社Sun Asteriskと業務提携を開始したことを発表しました。 Wovn Technologiesは、Webサイト多言語…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】