海外進出支援プログラム「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」が開催 申込締切・11/5

subsidy

2021年10月15日、ジェトロ・スタートアップ支援課は、「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」のエントリーを開始したことを発表しました。

「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021」は、都内スタートアップ企業の海外展開を支援するプロジェクトです。

欧州カンファレンス、深セン、ドイツ、シンガポール、ニューヨーク、シリコンバレーの6コースにおいて、各地域のアクセラレーターと協力し、ブートキャンプ・メンタリングや、投資家とのマッチングを行います。

今回のシリコンバレーコースは、シリコンバレーのメンターによる、ビジネスモデルの検証・現地ユーザーインサイトの獲得・ピッチのブラッシュアップを通じて、現地投資家からの資金調達やビジネスパートナー獲得を目指すものです。

応募資格
以下のすべてを満たす者。
・都内スタートアップ企業であること(都内に事業所を有すること)
・法人の場合概ね創業10年以内の企業であること
・海外展開を具体的に検討していること、また、グローバル展開について意思決定権を持つ者が参加できること

・募集期間:10月14日(木)~11月5日(金)17:00
・採択企業数:10社程度
・開催形式:オンライン
・使用言語:英語
・参加費:無料
・提携パートナー:10X Innovation Lab

1人あたりのGDPの向上に、起業活動率が影響しているとの報告があります。

また、日本は欧米諸国と比較すると非常に開業率が低くなっています。このこともあり、政府・自治体は起業支援に取り組んでいます。

VC(ベンチャーキャピタル)による投資も活発となってきており、2013年の投資額は660億円でしたが、2019年には2,162億円と増加しています。

しかし米国の2019年・1,334億ドル(約15兆円)と比べてみると、大きく差が開いていることがわかります。

世界はいうまでもなく巨大な市場です。投資の盛んな米国市場に参入できれば、日本では得られなかった額の資金調達ができるかもしれません。

海外展開のためには、現地でのネットワークづくりが重要です。日本と海外では商習慣が違いますし、なにより現地が抱えている課題を把握することが重要だからです。

海外展開支援プログラムは、海外展開で重要な現地VCなどとの足がかりを用意してくれます。

このような機会はそうないため、もし挑戦できるのであれば臆せずに挑戦し、海外展開を成功させましょう。

海外市場は非常に大きな市場であるため、参入することで利益の向上を見込めます。「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ X-HUB TOKYO X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース アクセラレーション・プログラム アクセラレーター・プログラム シリコンバレー プログラム 東京都 海外展開 資金調達
詳細はこちら

参加企業募集!海外進出支援「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」参加費無料!申込締切は11月5日!

資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

国際物流プラットフォーム運営の「Willbox」が9,500万円調達
2021年5月17日、Willbox株式会社は、総額9,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 国際物流プラットフォーム「Giho」を運営しています。 貨物サイズが大きく物流自体の専門性が…
リモート人材事業の「キャスター」が6億円調達
2020年4月9日、株式会社キャスターは、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン・アシスタント・サービス「CASTER BIZ」や、採用業務の一括代行サービス「CASTER B…
ドローン・パイロット育成などドローン関連事業展開の「SKYESTATE」が資金調達
2019年11月29日、SKYESTATE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、サンフロンティア不動産株式会社です。 ドローン・パイロットの育成事業や、ドローンを活用した動画制…
長距離ワイヤレス給電「AirPlug」の「エイターリンク」が2億円調達
2021年10月5日、エイターリンク株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スタンフォード大学発のベンチャー企業で、心臓のペースメーカーをはじめとした医療機器をワイヤレス給電す…
動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS」提供の「Contrea」が1.4億円調達
2021年11月16日、Contrea株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS (メディオス) 」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ