ライブ・エンターテインメントをxR技術で拡張する「LATEGRA」が資金調達

2020年7月17日、株式会社LATEGRAは、資金調達を実施したことを発表しました。

リアルとバーチャルを融合させたライブ・エンターテインメント制作事業を展開しています。

具体的には、CGデザインや映像制作、ARやリアルタイム・モーション・キャプチャにゲーム系のグラフィック・エンジン応用した表現技術、様々なイベントで培った演出力を統合させた独自のライブ・ソリューション「LATEGRA engine.」をコアに、リアルとバーチャルを融合させたライブ・イベントの制作を行っています。

また、新規事業としてバーチャル空間上のライブ・エンターテインメント・サービス「Live3.0」を開発しています。

今回の資金は、ライブ・エンターテインメント事業の国内外への拡大展開や、「Live3.0」の開発促進、人材開発の強化に充当されます。

スマートフォンの普及により動画コンテンツが爆発的に普及しました。次の時代である5Gの普及により、次世代コンテンツとしてxRを活用したコンテンツが普及するとみられています。

たとえば、すでにバーチャル・タレントによる動画配信やライブ・イベントなどが提供され、大勢に楽しまれています。

それに伴い、バーチャル・タレントを活用した、PRやブランディングなども今後展開されていくことでしょう。

最新の技術を活用した事業を展開する場合、事業の拡大のためにさらなる技術開発も必要となり、そのために資金を要します。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AR LATEGRA LATEGRA engine. MR VR XR エンターテインメント ライブ ラテグラ 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ