事業承継M&Aプラットフォーム運営の「ビジョナル・インキュベーション」と「横浜市信用保証協会」が業務提携 M&Aマッチングを促進

tips

2021年9月7日、ビジョナル・インキュベーション株式会社は、横浜市信用保証協会と業務提携契約を締結したことを発表しました。

ビジョナル・インキュベーションは、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」を運営しています。

事業を譲りたい経営者が匿名で譲渡案件を登録できるM&Aプラットフォームです。登録から成約までの費用は無料となっています。

横浜市信用保証協会との提携により、横浜市内事業者の事業継承問題の解決のために共同で取り組みます。

具体的には、横浜市信用保証協会が譲渡を希望する市内事業者に対し「ビズリーチ・サクシード」の周知・利用促進を行います。

日本国内の企業数の99%以上を占める中小企業の経営者の高齢化が進み、後継者不足が深刻な課題となっています。

このうち黒字経営である企業や、貴重な知見を有する企業も多々あるため、第三者への事業継承が推進されています。

しかし事業継承はセンシティブな問題でもあるため、なかなか第三者への事業継承を決めることができないといった課題もあります。

事業継承の課題を解決するため、事業継承のためのM&Aを支援する事業者も登場しています。

今後、さらに後継者を探す企業が増えてくると考えられるため、事業継承市場への注目が必要です。

事業継承は、起業のひとつの方法として注目されています。しかし事業継承はゼロからの起業とはまた違ったノウハウが必要となります。創業手帳は、無料で創業コンサルティングを行っています。また、起業家や専門家の生の声を基に記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ M&A ビジョナル・インキュベーション ビズリーチ・サクシード プラットフォーム 事業承継 業務提携 横浜市 横浜市信用保証協会
事業承継手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

M&A仲介や診療報酬等ファクタリングサービスを展開する「ブレインファイナンシャルアドバイザリー」が「バンカーズ・ホールディング」と資本提携
2022年9月14日、ブレインファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、株式会社バンカーズ・ホールディングと、資本提携契約を締結したことを発表しました。 また、親会社の株式会社ブレインイノベーションは…
C2Cマッチング・プラットフォーム・サービス提供の「C2C PTE. LTD.」が資金調達
C2C PTE. LTD.は、資金調達を実施したことを発表しました。 C2Cマッチング・プラットフォーム・サービスを提供しています。 ネイリストを顧客をマッチングするアプリ「Nailie(ネイリー)」…
EV充電インフラ「Terra Charge」を提供する「Terra Motors」が「アズーム」と業務提携 マンション空き駐車場の課題解決へ
2022年7月15日、Terra Motors株式会社は、株式会社アズームと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 Terra Motorsは、電気自動車向けの充電サービス「Terra Char…
「エアドア」が7,500万円調達 オンライン賃貸プラットフォーム「airdoor」を正式リリース
2022年2月2日、株式会社エアドアは、総額7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また「airdoor(エアドア)」を正式リリースしたこともあわせて発表しました。 「airdoor」…
外国人向け多言語賃貸仲介プラットフォーム運営の「アットハース」が4,100万円調達
2019年10月1日、アットハース株式会社は、総額4,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「AtHearth」を開始することも併せて発表しました。 「AtHearth」は、多言語…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ