注目のスタートアップ

ビーコンを使ったPOI位置情報プラットフォーム「pinable」提供の「スイッチスマイル」が資金調達

company

2022年5月24日、株式会社スイッチスマイルは、資金調達を実施したことを発表しました。

関西万博に寄与し関西の活性化を目指すスタートアップに出資をする「大阪・関西万博活性化ファンド」の出資1号案件となります。

スイッチスマイルは、POI位置情報プラットフォーム「pinable(ピナブル)」や、LINE Botプラットフォーム「Motto-Bot(モットボット)」、オープンビーコンネットワーク構築・提供、行動・体験のDMP構築・解析、位置情報連動アプリ開発、位置情報戦略コンサルティング事業などを展開しています。

「pinable」は、施設内などに設置したビーコンにより人のオフライン行動履歴・興味・関心を取得し、アプリ向けSDK・DMP・位置情報ターゲティング広告配信などに活用するマーケティングプラットフォームです。

今回の資金は、大阪・関西万博に向け、大阪を中心とした関西圏でのビーコン設置を進め、2025年までに生活者のインサイトを把握するためのデータ活用基盤の構築に充当します。

ビーコンとは、無線通信機能のついたタグや端末のことです。

小売店の店舗内などにビーコンを設置することで、来店した顧客の行動や属性などのデータの取得が可能となります。

小売業界では、ECの普及などによりオフライン店舗において以前までの販売手法を続けていては、業績が伸びないという状況になっています。そのため、デジタルやデータを活用し、オフラインならではの施策やオンラインとオフラインを融合させた施策を実施していくことが重要となっています。

ビーコンなどのIoTは、オフライン店舗のデジタル化・データ活用において重要な存在で、高機能のものや安価に導入できるものなど様々なものが登場しています。

スイッチスマイルは、全国の鉄道会社や商店街などと連携し、これまでに8万個ものビーコンの設置を進めてきました。これにより取得された情報は膨大な量となるでしょう。

これまでデジタルマーケティングのターゲティングで利用されてきたサードパーティクッキー(3rd Party Cookie)は、個人情報保護の観点から世界的に規制され、段階的に廃止されていくことになっています。そのためターゲティングでは新たな手法が求められています。

ビーコンは、オフラインでの生活者の行動・情報を取得するものです。Web上では取得できないデータを取得することができるため、Cookieの廃止というデジタルマーケティングの出来事と合わせ、新たな活用が進んでいくと考えられます。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Motto-Bot pinable POI スイッチスマイル ビーコン ピナブル プラットフォーム マーケティング モットボット 位置情報 大阪・関西万博 大阪・関西万博活性化ファンド 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Qurate」が「凸版印刷」と共同でSNSアカウント運用効率化「Social Focus」をローンチ
2019年7月9日、凸版印刷株式会社は、株式会社Qurateと共同で、「Social Focus」を2019年7月9日(火)から提供することを発表しました。 「Social Focus」は、企業のソー…
歩いて稼ぐ広告バイト「Stchar!」開発の「Wanna technologies」が1,100万円調達
2021年6月7日、株式会社Wanna technologiesは、1,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 歩いて稼ぐ広告バイト「Stchar!(ストチャー!)」を開発しています。 屋…
家族の写真保管アプリ「DEKIGOTO」でアナログ写真やSDデータなどをデータ化・保管するサービスが開始
2020年10月27日、株式会社DEKIGOTOは、「EFIL」内の新サービス「EFILデータサービス」を開始したことを発表しました。 「EFIL」は、家族の写真を1カ所に保管し共有することができるア…
エネルギー商品のオンライントレーディングプラットフォーム「eSquare」運営の「enechain」が20億円調達
2022年1月26日、株式会社enechainは、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 法人向けのエネルギー商品のオンライントレーディングプラットフォーム「eSquare」、世界中の…
ウォレット・パス運用ソリューション「KINCHAKU」がeギフト・プラットフォーム展開の「ギフティ」と資本業務提携
2020年5月21日、株式会社KINCHAKUは、株式会社ギフティと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、「九州オープンイノベーションファンド」を引受先として、資金調達を実施したことを…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ