注目のスタートアップ

資源循環プラットフォーム「POOL」を提供する「レコテック」が資金調達

company

2022年11月25日、レコテック株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、三井住友信託銀行株式会社です。

レコテックは、資源循環プラットフォーム「POOL」を提供しています。

静脈サプライチェーンを可視化し、都市資源の発生から、製造業者への供給まで情報を一括管理するシステムです。

再生資源を調達する企業は「POOL」の情報をベースに静脈資源のサプライチェーンを設計することで、安定供給・品質保証・適正コストが担保された再生資源の調達が可能になります。

「POOL」を活用して各拠点から回収された資源をリサイクルし、国産PCR材100%であることが証明されたPOOL樹脂のさらなる普及に取り組んでいます。

三井住友信託銀行との連携により、「POOL」の導入拠点拡大に向けた機能改善、PCR材の普及に向けた事業の全国拡大、取り扱い資源の種類の拡大に取り組みます。

国内では、捨てられるプラスチックのうち全体の58%がサーマルリサイクルによって処理されています。

サーマルリサイクルとは廃棄物を焼却する際に発生する熱エネルギーを回収して発電などに利用するものであり、廃棄物の有効活用ではあるものの資源が循環するリサイクルの形ではありません。

プラスチックは現代社会にとって必要不可欠な素材であるものの、環境対策や資源枯渇の問題を解決するためにも、資源が循環する経済活動、つまりサーキュラーエコノミー(循環型経済)を確立する必要があります。

一方で、プラスチックのリサイクルには、高品質なプラスチックへと水平リサイクルするには高いコストがかかること、種類別に回収する仕組みが構築されていないことなどの課題があります。

レコテックは、都市資源の可視化、物流効率・工場稼働率の最適化によるコスト減、再生資源のトレーサビリティの担保を実現する資源循環プラットフォーム「POOL」の提供により、資源の循環利用に貢献しています。

SDGs(持続可能な開発目標)は人類として長期的に取り組んでいかなくてはならないことですが、これはビジネスチャンスでもあります。もちろん社会課題を解決しなくてはならないのでハードルは高いのですが、その分資金の援助が受けやすいという面もあります。「冊子版創業手帳」では、さまざまな起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考を知ることは、新たなビジネスの創造・成長にとって役に立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ PCR材 Pool サプライチェーン リサイクル レコテック 三井住友信託銀行 可視化 株式会社 資源循環 資源循環プラットフォーム 資金調達 都市資源 静脈サプライチェーン
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

定額制サービス・プラットフォーム「always」運営の「イジゲン」が2.5億円調達
イジゲン株式会社は、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 定額サービスを通じて、お店とユーザーをマッチングする、ショッピング・モール型のサービス「always(オールウェイ…
韓国発ゴルフウェアのコミュニティ型EC「SOMUA CLUB」がリリース
2022年3月7日、株式会社ICBREAKは、「SOMUA CLUB(ソムアクラブ)」を正式リリースしたことを発表しました。 「SOMUA CLUB」は、韓国ゴルフウェアのコミュニティ型ECです。 コ…
ノーコードAIクラウド「UMWELT」提供の「トライエッティング」が3.5億円調達
2021年3月30日、株式会社トライエッティングは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、東急不動産ホールディングス株式会社と業務提携したことも発表しました。 ノーコー…
「パイプドビッツ」が金融機関向け「融資相談受付支援アプリ」の無償提供を開始
2020年5月22日、株式会社パイプドビッツは、金融機関向け「融資相談受付支援アプリ」の無償提供を開始したことを発表しました。 「融資相談受付支援アプリ」は、融資の相談を24時間Webで受け付け、電話…
調理ロボット開発の「TechMagic」が15億円調達
2021年9月7日、TechMagic株式会社は、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店向けの調理ロボットや業務ロボットを開発しています。 株式会社プロントコーポレーションと共同…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ