食事指導補助ツール「カロミルアドバイスfor保健指導」に特定保健指導の「継続支援」に対応した新機能を追加

2020年10月15日、ライフログテクノロジー株式会社は、「カロミルアドバイスfor保健指導」に新機能を追加したことを発表しました。

「カロミルアドバイスfor保健指導」は、特定保健指導の指導者や、食事栄養指導者向けの食事指導補助ツールです。

指導対象者が食事の写真を撮るだけで画像解析AIにより自動で栄養計算を行うことができます。

これにより、食事内容のヒアリングから、栄養計算、栄養集計、過不足の把握、原因特定のすべての工程の手間を削減することができます。

そのため、限られた指導時間を、指導時間を生活習慣の実践的な改善や行動変容など、質の高いアドバイスに割くことができます。

今まで、特定保健指導の“初回面談”にのみ対応していましたが、今回の新機能追加により、“継続支援”にも対応しました。

ライフログテクノロジーはほかに、健康管理アプリ「カロミル」や、「健康経営withカロミル」なども展開しています。

日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のため、40歳から74歳までを対象に、メタボリックシンドロームに着目した健康診察である「特定健康診査」が義務とされています。

また、この検診から生活習慣病の発症リスクが高いものの、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果の高い人に対し、専門スタッフによる「特定保健指導」という支援が行われます。

『特定健診・特定保健指導の成果・課題から,平成30年度以降の健康・医療戦略を展望する』によると、「特定保健指導」の参加群と非参加群では、参加群のほうが非参加群と比べて5年間にわたり検査値が良好であり、生活習慣病関連医療費が低いと明らかにされており、「特定保健指導」は有効であるといえるようです。

しかし、中には行動変容に結びつかず、階層化判定が改善しない場合もあるようです。

「特定保健指導」の課題としては、リピーターへの対応、実施率の低迷、専門職の人手不足、技術向上の必要性、保健指導の実施方法の改善などが挙げられています。

これらの課題の解決のためには、やはりテクノロジーの活用が重要だとされています。

ヘルスケアは企業の健康経営にとっても重要です。雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいでしょう。起業ノウハウ週「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI ヘルスケア ライフログテクノロジー 健康 指導 支援 栄養指導 株式会社 画像解析 食事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ