注目のスタートアップ

ゲームのための家具を開発・販売する「Willow」が資金調達

2020年12月25日、Willow株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

ゲーミング家具を開発・販売しています。

2020年12月現在、ゲームのためのデスク「ARCdesk(アークデスク)」と、小型の「ARCdesk mini」を提供しています。

「ARCdesk」は、キーボードとマウスを置いておけるスペースと、レーシング・ゲームなどで利用するステアリング・コントローラーなど専用コントローラーを設置できるパネルをワンタッチで入れ替えることができる機構を備えたPCデスクです。

横幅が180cmあるため、モニターを横に3枚設置することもできます。

KADOKAWAの発表によると、2020年の世界のeスポーツ市場の市場規模は9.74億ドルで、今後も堅調に成長し2023年に約16億ドルになると予測されています。

国内の市場規模も、2020年は76.25億円、2023年には153.34億円にまで成長すると予測されています。

これに伴い、ゲーム周辺機器の市場も拡大することが予測されます。

特に、ゲーミング・チェアやゲーミング・デスクなどのゲーミング家具市場には、家具大手のオカムラやIKEAが参入することが発表されており、非常に注目すべき市場です。

Willow株式会社代表取締役 高石 準氏のコメント

今回のニュースにつきまして、Willow株式会社 代表取締役 高石 準氏よりコメントが届きました!

高石 準Willow株式会社 最高経営責任者(CEO) 代表取締役

2011年、近畿大学法学部卒。リクルートグループのシグナルに入社。
2019年2月、Willow株式会社を共同創業。

ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

高石:代表取締役の私と創業メンバーが、「グランツーリスモ・アセットコルサ・WRC(リアルドライビングシミュレーター)」、「エースコンバット」、「マイクロソフトフライトシミュレーター(フライトシミュレーター)」などの愛好者でした。いわゆるレースゲーム・フライトゲームには、ほとんど全てのゲームユーザーはハンドルコントローラー・フライトコントローラーなどのゲーム周辺機器を使用してプレイします。

 しかし、ゲームプレイ後は勉強や仕事に復帰しなければならず、家庭用ゲーム機・ゲーム周辺機器などの設置場所・収納場所・置き場所をどうしようか?といつも考えさせられてきました。そこで、世界中、ネット検索や欧州・北米・アジアオセアニアなどいろいろと探してみましたが、一瞬で切り替えることのできるようなゲーム用の机がありませんでした。

 したがって、創業メンバーにより、試行錯誤した結果、アークシステムという一瞬で切り替えることのできるゲーミング家具(デスク)を企画・開発し事業化に踏み切りました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

高石:製造メーカーということもあり、生産しなければお客様のもとに商品をお届けすることができません。また、大手製造メーカーではなく、いわゆるスタートアップです。本年リリース後、在庫切れを頻発しており、潤沢な資金が無いところへ複数の投資家から資金提供を受けられましたので、手に入れたかったお客様・既にファンになっていただいたゲーマーから喜ばれています。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

高石:日本市場に引き続き、北米市場・欧州市場・アジアオセアニア市場に既存製品の販売を加速すると同時に、ファンの皆様に新しい画期的な製品を開発しお届けしたいと考えております。現在の提供方法が「販売形式」です。248,000円・78,000円と既存製品が高額であることにより、ゲーミング家具のサブスクリプションサービスを開発し定額での「レンタル形式」でのご提供を視野に入れております。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ARCdesk eスポーツ Willow アークデスク ゲーミング・デスク ゲーミング家具 ゲーム 家具 株式会社 販売 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド決算開示管理サービス「Uniforce」提供の「start-up studio」が「エアトリ」と資本業務提携
2022年6月30日、株式会社start-up studioは、株式会社エアトリと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 start-up studioは、クラウド決算開示管理サービス「Un…
「インパクトサークル」と「三井住友海上火災保険」が資本業務提携 金融包摂型インパクトファイナンスサービス提供へ
2022年10月18日、インパクトサークル株式会社は、三井住友海上火災保険株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 インパクトサークルは、インパクト事業活動が生み出す社会的インパクト…
コワーキング・スペース事業展開の「いいオフィス」が2.4億円調達
2021年1月5日、株式会社いいオフィスは、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コワーキング・スペース「いいオフィス」を国内外270店舗にて運営しています。 2020年度に…
廃漁網のアップサイクルにより新たな製品を開発する「amu」が資金調達
2023年8月1日、amu株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ANOBAKAです。 amuは、廃漁網をはじめとする廃漁具に新しい価値を付加するアップリサイクル製品を開…
症状検索エンジン「ユビー」やAI問診サービス「ユビーAI問診」などを提供する「Ubie」が35億円調達
2022年7月27日、Ubie株式会社は、総額35億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Ubieは、症状検索エンジン「ユビー」、AI問診サービス「ユビーAI問診」、事前Web問診サービス「ユビ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】