注目のスタートアップ

オンラインの学び場「SOZOW PARK」を運営する「SOZOW」が4.3億円調達

company

2022年11月30日、SOZOW株式会社(旧:GoVisions株式会社)は、総額約4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

SOZOWは、オンラインの学び場「SOZOW PARK」や、オンラインのフリースクール「SOZOWスクール」などを展開しています。

「SOZOW PARK」は、子どもの好奇心を起点としたオンラインの習い事サービスです。

2022年11月現在、以下のコース(アクティビティ)を提供しています。
・プログラミング・マインクラフト・デザイン・動画制作を行う「デジタルクリエイティブコース」
・お金・投資・経済ビジネス・事業づくり「ビジネス&お金マスターコース」
・プログラミング・マインクラフト・ゲーム制作「マイクラプログラミングコース」
・プログラミング・Webデザイン「ディズニーテクノロジア魔法学校コース」
・SDGs・社会課題・チーム探求「グローバルSDGsコース」

また、コースを通じて得られた成果・作品を発表するオンライン発表会、成果・作品を共有できるオンラインコミュニティも提供しています。

今回の資金は、「SOZOW PARK」、2023年4月に正式オープン予定のフリースクール事業「SOZOWスクール」の採用や、マーケティングに充当します。

また、新事業としてオンラインだけではなくリアルで交流できる取り組みとして、地域の方や地域課題とふれあうことで「日本全国を学びの場」とする「旅するキャンパス(仮称)」(2023年予定)や、「エリアキャンパス」の準備、国境・人種を飛び越えるインターナショナルな教育も見据えた投資やアライアンスを強化する予定です。

近年のAIなどの先端技術の発展は、これまでに経験したことのない社会・産業構造の変化をもたらすと考えられています。さらに、気候変動・災害・国際紛争など、世界情勢の変化も激しくなっています。

この予測が難しく変化が著しい時代をVUCAの時代と呼びます。

VUCAの時代では、大きな変化に対応し、持続可能な社会を実現できる能力が必要とされています。とくに次世代を担う子どもたちはこの能力を身につけることが重要であると考えられています。

しかし従来の教育ではこうした能力を身につけることが難しいことから、文部科学省は新たな教育手法として、科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・アート(Art)・数学(Mathematics)の領域を重視するSTEAM教育を推進しています。

このように公教育においても教育は変わりはじめていますが、それ以上に子どもに幅広い領域の学びを受けさせたいというニーズも高まっています。

こうした背景から、さまざまな領域の教育・学びを提供するオンラインスクールが登場しています。

成功できる起業家になるためには、やはり勉強が欠かせません。「冊子版創業手帳」では、成功している起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EdTech Minecraft SDGs SOZOW SOZOW PARK SOZOWスクール オンライン フリースクール プログラミング マインクラフト 子ども 学び 教育 株式会社 習い事 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐアプリ運営の「ポケットマルシェ」が資金調達
2020年12月21日、株式会社ポケットマルシェは、資金調達を実施したことを発表しました。 全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐアプリ「ポケットマルシェ」を運営しています。 また、引受先の農林…
独自の免疫測定技術を活用した免疫センサー・デバイス開発の「イムノセンス」に「大阪大学ベンチャーキャピタル」が追加投資
2021年3月30日、大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社イムノセンスに対し、1億円の投資を実行したことを発表しました。 イムノセンスは、大阪大学産業科学研究所・民谷特任教授が開発したGL…
【11/24開催】東京都「女性・若者・シニア創業サポート事業」による『起業・創業シンポジウム』がオンラインにて開催
東京都では女性・若者・シニアによる地域に根ざした創業を支援する制度として「女性・若者・シニア創業サポート事業」に取り組んでいます。 今回、11月24日(木)には、YouTubeライブを活用した「起業・…
米国スタートアップ資金調達底堅く、有力企業に集中する傾向
新型コロナウイルス禍による景気悪化の中、金融緩和に伴う金余りを背景に、有力企業に投資マネーが集中する構図が一段と強まっています。4~6月に米国で1億ドル以上を調達した「メガラウンド」は69件と四半期ベ…
シンガポール発・人事分析ツール「パナリット」提供の「Panalyt」が3.3億円調達
2021年7月28日、Panalyt Pte Ltd(本社シンガポール)は、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人事分析ツール「パナリット」を開発・提供しています。 散ら…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ