「サイフューズ」が「太陽ホールディングス」と再生・細胞医療分野における包括的パートナーシップ契約を締結

2020年10月1日、株式会社サイフューズは、太陽ホールディングス株式会社との間で、2019年2月に締結した「資本業務提携に関する基本合意書」に基づき、再生・細胞医療分野における業務提携契約(包括的パートナーシップ契約)を締結したことを発表しました。

サイフューズは、独自のバイオ3Dプリンティング技術で血管再生、骨軟骨再生、神経再生等のこれまでにない3D細胞製品の開発に取り組んでいます。

太陽ホールディングスは、電子機器用部材事業や、医療・ 医薬品事業などを展開しています。

今回の提携により、バイオ3Dプリンターや、バイオ3Dプリンティング技術を用いた革新的な再生医療等製品を含む新たな3D細胞製品の製造・販売体制の構築を進めるようです。

様々な細胞に分化することができるiPS細胞が発見され、再生医療の実現のために日々研究が続けれています。

また、iPS細胞に基づく3次元生体組織の構築技術は、再生医療だけでなく、病気の原因解明、新しい薬の開発、薬や化粧品の安全性・毒性評価などへの展開も期待されています。

生体に近い組織構造の再現のためには、複数の細胞を適切に配置し、3次元的に組み立てる必要があります。この組立てにバイオ3Dプリンティング技術が活用されています。

医療課題を解決するビジネスなどの、社会課題解決型のビジネスは、すぐに結果がでるものではなく、ビジネスとして成り立たせるために大きなハードルがあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を突破してきたかを知ることは、起業や経営に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 3Dプリンター サイフューズ パートナーシップ バイオ 再生医療 医療 医薬品 太陽ホールディングス 技術 株式会社 業務提携 細胞

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ