家具のサブスクリプション・サービスを運営する「subsclife」が30億円調達

2020年9月14日、株式会社subsclifeは、総額約30億円の資金調達を実施したことを発表しました。

家具のサブスクリプション・サービス「subsclife(サブスクライフ)」を運営しています。

人気ブランド家具や、こだわりのデザインの家具の新品商品を、好きな期間、手頃な月額料金で利用できるサービスです。

3カ月〜24カ月まで1カ月ごとのプランがあり、期間がすぎたあとは、購入、継続、返却のいずれかを選択することができます。

今回の資金は「subsclife」のシェア拡大に向けた施策の加速に充当されます。

家具のサブスクリプション・サービスは、初期費用が安いことや、処分費用がかからないこと、模様替えのハードルが下がることなど様々なメリットがあります。

これらは個人の消費者だけでなく、企業にとっても大きなメリットとなります。たとえばオフィス・チェアやデスクは生産性の向上に寄与しますが、決して安い投資ではありません。

そのためオフィス家具を気軽に導入することのできる家具のサブスクは、これからさらに伸びていくビジネスとなるでしょう。

オフィス・チェアは、生産性の向上において費用対効果が高いとされています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、オフィス・チェアの効果について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ subsclife サービス サブスクライフ サブスクリプション 家具 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ