顧客対応クラウド「Re:lation」提供の「インゲージ」が1.5億円調達

2020年8月31日、株式会社インゲージは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

メール・チャット・LINE・Twitterなど様々な問い合わせ情報の一元管理・社内共有を可能とする顧客対応クラウド「Re:lation(リレーション)」を開発・提供しています。

今回の資金は、「Re:lation」のさらなる機能拡充と、将来に向けた事業基盤の強化に充当されます。

質の良い顧客対応により顧客満足度を上げることは、たとえばサブスクリプション・サービスにおいて顧客のサービス継続率を高めることや、ファンとなる顧客を作りプロダクトを口コミで広げてもらえるようになるなど、企業の利益率を上げるために重要な要素です。

多くの場合、顧客との接点はひとつだけではなく複数あるため、「Re:lation」のように複数チャネルのコミュニケーションを一元管理することは、顧客対応の効率化において大きな役割を果たすでしょう。

創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Re:lation インゲージ クラウド リレーション 共有 情報 株式会社 管理 資金調達 顧客対応

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ