注目のスタートアップ

ビジネス動画制作クラウド「video plant」提供の「Wanget」が資金調達

company

2022年1月11日、株式会社Wangetは、資金調達を実施したことを発表しました。

また、「video plant」の提供を開始したことも併せて発表しました。

「video plant」は、独自に構築した海外の動画クリエイターコミュニティを通じて、低価格・高品質な動画制作を行うサービスです。

価格は基本となる動画制作費用11,000円/15秒に、シーン構成・シーンデザイン・リサイズ・ナレーションなどのオプションを追加していく形となっています。

最短3営業日の納品、テンプレートを使用しないオリジナルの構成・モーションなどを特徴としています。

動画コンテンツは、テキストの約5,000倍の情報量があるとされています。たとえば1分間の動画は180万文字に匹敵するため、情報発信において非常に有効です。

また、スマートフォンと、動画プラットフォーム・SNSの普及によって、消費者が動画コンテンツに触れる機会が多くなっています。

そのため、企業のSNSアカウントで動画を発信するといった動画マーケティングや、動画プラットフォームに動画広告を出稿するなど、動画を活用したPR・マーケティングはひとつの手法として確立されており、その有効性も明らかになっています。

クオリティの高い動画は離脱率が低いほか、信頼性の向上にもつながるため、企業にはなるべくコストを抑えつつクオリティの高い動画を制作したいというニーズがあります。

また動画自体のニーズも、社内イベントなどに利用する社内利用や、営業・カスタマーサポート用のもの、人材育成用のものなど多様化しています。

Wangetは、多様化するニーズに応えていくため、海外の動画クリエイターのコミュニティと独自につながり、ハイクオリティかつオリジナリティのある動画制作を提供していくようです。

株式会社Wangetのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Wangetよりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

海外の動画クリエイターコミュニティを通して、動画の量産×独自性を実現しました。

「video plant」は低コスト・短納期で、手間を省き、動画の量産が可能です。
(最安1本1万円からの低コスト、最短3営業日の短納期、オプション利用によるサポートプラン)

テンプレートを使用せず、動画編集の職人が構成から一つ一つ丁寧に制作し、独自性のある動画を制作可能です。

・今後の展望を教えください。

「クリエイティブコンテンツのデジタルインフラを創り世界中を感動で満たす。」をミッションに、「すべてのステークホルダーの想い現実に。」をパーパスとして掲げ立ち上がりました。

今回の資金調達をもとに、よりクライアントが動画の進行管理をスムーズに行うシステムを構築します。

また、広告宣伝を強化することでサービス認知向上に繋げ、クリエイターたちに「新たなチャレンジ」「やりがいのある仕事」を提供します。

独自の海外クリエイターコミュニティを活性化することで人材獲得も促進し、国内クライアント企業に海外の最新トレンドを駆使した「クリエイティブコンテンツの提供、管理、最適化」の実現を目指し、新たなサービス開発を推進してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

動画は規模を問わずビジネス向けの新しいタイプの「ドキュメント」として確立しており、組織の内外でアイデアを提案したり、プロセスを説明したり、チームメンバーとコミュニケーションをとったりあらゆるシーンで活用されています。

video plantを通じて企業の情報発信の手法のシフトをサポートし、ビジネスの加速に寄与すべく、リリースいたしました。
ぜひお気軽にご相談いただけますと幸いです。

動画はテキストや静止画よりも圧倒的な情報量を誇ります。視聴した者に短時間で多くの情報を与えられるため、Webマーケティングにおいても積極的に利用されるようになりました。累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ video plant Wanget クラウド サービス 制作 動画 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コスメEC「NOIN」運営の「ノイン」が8億円調達
2019年7月8日、ノイン株式会社は、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 化粧品ECプラットフォーム「NOIN」を運営しています。 メイクアップ術や、メイクの悩みを解決するオリジナル…
超小型人工衛星を活用した新たな宇宙利用の実現を目指す「ASTROFLASH」が資金調達
2020年12月7日、株式会社ASTROFLASHは、資金調達を実施したことを発表しました。 超小型人工衛星(CubeSat)を活用した新たな宇宙利用の実現を目指しています。 具体的には、多くの人が体…
新規事業創出と鉄道事業の進化を目指す共創プログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2021」が開催
2021年8月23日、eiicon companyは、東京地下鉄株式会社と、「Tokyo Metro ACCELERATOR 2021」を開催することを発表しました。 「Tokyo Metro ACC…
「ONE SLASH ONE」が資金調達 次世代型マイクロジム「1/workout」のプロトタイプを公開
2022年5月9日、株式会社ONE SLASH ONEは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代型マイクロジム「1/workout」のプロトタイプを公開したことも併せて発表しました。 「…
LGBTsライフプランニングや住まい探しをサポートする「IRIS」が4,000万円調達
2022年3月25日、株式会社IRISは、4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IRISは、ライフプランニングや住まい探しをサポートする事業を展開しています。 スタッフはLGBTs当…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ