「ワクザワ」がARにより飲食店のメニューを実物大で表示させるサービス「menuR」をローンチ

2020年7月21日、ワクザワは、「menuR」を7月21日(火)にローンチしたことを発表しました。

「menuR」は、AR技術を活用して飲食店のメニューが現実空間に実在するかのように表示するサービスです。

商品の撮影からメニュー・サイトの作成までワンストップで開発します。撮影から約1カ月でARメニューが完成するようです。

今後、飲食店向けだけでなく様々な分野でもAR技術を活用したサービスを展開していくようです。

新型コロナウイルス感染症の流行により、飲食店は大きなダメージを受けました、なんとか事業を運営していくため、デリバリーやテイクアウトなどの取組みをはじめた店舗も少なくありません。

しかしはじめて注文する料理は、その大きさやボリュームなどが分かりづらいという課題があります。AR技術を活用したサービスは、ネット通販など、実物を確認できない販売形態で大きく役立つでしょう。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「飲食開業手帳」では、Webを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。デリバリーやテイクアウトに取り組む飲食店の役に立つはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AR menuR メニュー ローンチ ワクザワ 飲食店

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ