フード・シェアリング・サービス「TABETE」展開の「コークッキング」が資金調達

2020年8月13日、株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。

飲食店や小売店で廃棄されてしまう食事と、テイクアウト購入したい消費者とをマッチングするサービス「TABETE」を展開しています。

まだ美味しく食べられるのに様々な理由で廃棄されてしまう食事を救うことにより、フードロスの削減を目指しています。

今回の資金は、サービス開発の強化や、「TABETE」展開エリアの拡大、「TABETEレスキューデリ」(駅ナカをはじめとする商業施設において展開中)の拡大などに充当されます。

日本では、年間2,550万トンの食品廃棄物等が出ており、そのうちまだ食べられるのに廃棄される食品であるフードロスは612万トンもあります。

環境省と農林水産省が食品リサイクル法にもとづく“発生抑制の目標値”を設定し、フードロス削減を推進していますが、そもそものフードロスの原因には、消費者の鮮度志向があるかもしれないといわれています。

そのためフードロス削減のためには、飲食店などだけではなく、消費者の協力も必要となります。

「TABETE」のように、飲食店・小売店と消費者の両方にメリットのあるサービスが増えてくれば、フードロスの削減に大きく貢献するかもしれません。

フードロス削減のような社会課題解決型ビジネスは大きな意義があります。しかし、ビジネスとして軌道に乗せることが難しいため、資金調達などが重要となってきます。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ TABETE コークッキング サービス シェアリング フード フードロス 株式会社 資金調達 食品ロス 飲食店
関連記事はこちら

フードシェアリングサービス「TABETE」で食品廃棄が無い未来を創る。コークッキングCEO川越 一磨インタビュー

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ