外食のギフト・サービス「ごちめし」など運営の「Gigi」が3.2億円調達

2020年10月15日、Gigi株式会社は、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

飲食店での食事を贈ることができるギフト・アプリ「ごちめし」と、先払いサービス「さきめし」を運営しています。

子ども食堂への寄付や、学生向け無料食堂、医療従事者向けの支援弁当など、社会福祉の取組みとしても地域レベルで採用されています。

飲食店側は初期費用やサービス利用料などは一切かからず、食事を贈ろうとする人が手数料を支払うシステムとなっています。

今回の資金は、地域創生の循環的で継続的な支援策を目的とする「ごちめし」の機能拡張や、社員向けの新サービスの開発、「ごちめし」・「さきめし」のサービスクオリティ向上を実現するための人員拡充、寄付文化が根付いている海外への展開、多言語に対応するシステム開発に充当されるようです。

2018年の国内ギフト市場規模は小売金額ベースで、前年比101.6%の10兆5,752億円、2019年は同101.5%の10兆7,302億円を見込んでおり、順調な成長をみせています。

要因としては、シニア層の増加により、「母の日」や「父の日」「敬老の日」などでのギフト需要が増加していること、身近な人とのコミュニケーション方法としてカジュアル・ギフトが増加していることが挙げられています。

また、メールやSNSで贈ることができるソーシャル・ギフト・サービスが誕生し、カジュアルに贈り物ができる環境となってきています。

企業としてもギフトはコミュニケーション手段として有効です。特にノベルティは顧客と従業員のロイヤリティを高めるために有効と考えられています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ノベルティの作り方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Gigi アプリ ギフト ごちめし サービス さきめし フード・テック 先払い 株式会社 資金調達 食事 飲食店

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ