サイバー・セキュリティ事業展開の「エーアイセキュリティラボ」が資金調達

2020年7月13日、株式会社エーアイセキュリティラボは、資金調達を実施したことを発表しました。

AIによりセキュリティ診断を行う「AI診断」の提供やサイバー・セキュリティ関連のコンサルティングと、SaaS型の脆弱性診断サービス「AeyeScan」の開発を行っています。

「AI診断」は、WebアプリケーションのURLを提示してもらい、クラウド上の診断サーバーから該当のホームページのセキュリティ診断を実施するものです。診断後、画面遷移図と診断報告書を提供します。

今回の資金は、「AeyeScan」の提供に向けた開発体制の強化や、営業・マーケティング体制の強化に充当されます。

Webアプリとは、ブラウザを介して利用するアプリケーションのことです。たとえば、業務でも利用することのあるGmailやWordPressもWebアプリです。

Webアプリでももちろんセキュリティ対策をしなくてはなりません。個人情報を取得するアプリであればなおさらしっかりとしなくてはなりません。もし情報が流出してしまった場合、非常に大きな損害となります。そのためリリース時には、完璧か、完璧に近い状態にすることが求められています。

しかしセキュリティ診断は専門性が高いため、多くは人の手によって行われています。そのためコストがかかり、定期的な診断ができないアプリの運営者も多くいます。

AIを活用したセキュリティ診断が普及していくことでコストが下がり、多くのWebアプリが万全なセキュリティ対策を行えるようになるでしょう。

Webアプリだけでなく社内システムのセキュリティ対策も非常に重要です。特に企業のデータベースには多くの情報が含まれているため、流出した場合の被害は大きなものとなります。「冊子版創業手帳」では、創業期のセキュリティについて専門家の方に詳しく伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AeyeScan AI AI診断 SaaS エーアイセキュリティラボ コンサルティング セキュリティ 株式会社 診断 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ